作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 共感力の必要な国語の問題を解く力をつける勉強法
▽ひとつ後の記事 過去問は仕上げのためではなく、作戦を立てるために取り組むことが大事

 
国語力をつけるには、共感力と論理性  2013年7月5日  No.1869
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1869      





 facebook記事より。

====
 人間は、自分が似た経験をしたものでないと、深く共感できないことがあります。
 その共感力の差が、読みの深さの差です。

 ところが、自分ができる経験は限られています。
 その経験を補うものが読書と対話です。
 だから、国語の勉強の基本は、問題集を解くことではなく、読書と対話を増やし、あとは理詰めで考えるということなのです。


 その「理詰め」の説明です。

 国語の選択問題の成績を上げるには、なぜその選択肢を選んだのかを説明できるだけでは不十分です。
 なぜその選択肢以外の選択肢を選ばなかったのかという理由を、それぞれの選択肢についてすべて説明できなければなりません。

 というのは、国語の選択問題は、そういう解き方をするように作られているからです。
 だから逆に、そういう解き方をすれば、原則として満点が取れるようにできています。
 人間が作った問題は、人間が解けて当然なのです。

 ところが多くの小中高校生は、「当たった」「当たらなかった」のレベルで問題を解いています。
 なぜそれがわかるかというと、問題用紙がきれいなままで、選択肢をひとつずつ考えたという形跡がないからです。
 問題用紙を見て、それがきれいなままであったら、それは理屈ではなくカンで解いているということです。

 こういう話を、実際にその子が解いた国語問題を解き直しながら1時間も説明すると、次の回からすぐに国語の成績が上がります。それもかなり急に(笑)。
 しかし、こういう話をしてくれる先生がほとんどいないのです。
 だから、国語の問題の見直しは家庭でやるのがいちばんです。

 では、親でも理屈で説明できない問題に遭遇した場合は、どうしたらいいのでしょうか。
 その問題は、できなくてもいい問題なのです。

 人生経験が子供の何倍もある親でも理屈で説明できない問題は、問題自体が悪問であるか、その答えの方が間違っていることも多いからです。ホント。
 (ただし、大学入試の問題になると、親と子が同じぐらいのレベルということもあります。)



 今日は、朝方涼しい雨が降っていましたが、もう雨も上がり穏やかな曇り空が広がっています。

 ところで、今週末から猛暑になるそうです。もう、しょうがないなあ。
 内陸部では36度以上になるとか。ε-(´o`;A アチィ

 これは、もう絶対海かプールですね。
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 

コメントフォーム

国語力をつけるには、共感力と論理性 森川林 20130705 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」