暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 光り輝く星、地球
▽ひとつ後の記事 自習検定試験と寺子屋オンエア

 
作文の項目指導は、相撲や柔道などの技の型と同じ  2013年12月9日  No.1999
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1999      





 相撲でも、柔道でも、いろいろな技があります。上手投げ、一本背負い、大内刈りなど。
 それらの技が型として作られているので、型の練習をすることが技を身につける練習になります。

 ただの力や体の大きさで相手に勝つのではありません。技で勝つので、小さい者が大きい者を倒すこともできるのです。
 力よりも技が物を言うのが、人間の動物と違うところです。

 この技の型に相当するものが、作文で言うと構成や表現の項目です。

 言葉の森では、作文のテーマに合わせていくつかの型を組み合わせて書く練習します。
 例えば、複数の実例と一般化の主題、複数の理由と是非の主題、複数の意見と総合化の主題、複数の方法と当為の主題、複数の原因と社会問題の主題など。

 こういう型の練習をしていると、作文試験の本番でも自然に構成のしっかりした文章を書くようになります。
 力で書くのではなく技で書くのが、言葉の森の勉強法です。

 しかし、技が効果を発揮するためには、それなりの力も必要です。
 作文において力に相当するものは、豊富な語彙力です。

 本をよく読んでいる子は作文もうまいというのは、読書によって語彙力がついているからです。
 小学生の作文でよくあるのが、せっかくいい話を書いているのに、そのまとめの感想で、「楽しかった」「嬉しかった」「面白かった」などの平凡な言葉を使ってしまうことです。
 読書の好きな子は、こういう平凡なまとめ方をすると、自分の中に何か納得できなものを感じるらしく、自然にもう一工夫をした書き方をします。

 作文の勉強は、半分は作文の型の勉強で、もう半分は読書によって語彙力をつける勉強なのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 作文の書き方(108) 

 コメント欄
コメントフォーム

作文の項目指導は、相撲や柔道などの技の型と同じ 森川林 20131209 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」