言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 新年挨拶「雪の野原で作る小さな雪玉」
▽ひとつ後の記事 虹の上に腰かけてお母さんと呼んでみたいという詩

 
理解する教育から、身につける教育へ。日本の伝統的な教育法、音読と暗唱。  2014年1月4日  No.2028
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2028      




(すき家の排気ダクトの上で暖を取るスズメたち)

 facebook記事より。

====
 戦後の日本の教育は、理解の教育でした。
 物事を理解すれば、それで学習は完了すると思われていたのです。

 しかし、日本に昔からあった教育は、理解する教育ではなく身につける教育でした。
 だから、声に出して読み、それを何度も繰り返し、心と体で丸ごとその内容を見につけていったのです。

 そういう教育を復活させるために大事なことは、細かい注意はしないということです。

 子供の音読を聞いていると、親はつい何かひとこと言いたくなります。
 読み方や読む姿勢や読み間違いについて、つい注意をしたくなるのです。

 しかし、そこで言うべきひとことは、「読むのが、だんだん上手になってきたね」だけです。

 人間には、繰り返していると自然に上手になるという能力がもともと備わっているのです。



 ニュースに、「教育勅語復活か」という記事があったので、ブログにもそのことを書きました。
http://ameblo.jp/kotomori/entry-11742396454.html

 道徳や人間の正しい生き方は、理屈で理解するものではありません。
 だから、○×式のテストでは評価できません。

 繰り返し音読して、自然に身につけるものなのです。



▽関連記事
創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 4、現代に生かす寺子屋教育
http://www.mori7.com/index.php?e=2023
(国語の勉強の基本は、長文の音読です。そこに読書と対話が加われば完璧です。)
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
音読(22) 

コメントフォーム

理解する教育から、身につける教育へ。日本の伝統的な教育法、音読と暗唱。 森川林 20140104 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」