△ひとつ前の記事 2月の森リン大賞より
▽ひとつ後の記事 個性と創造の時代における学力

 
親子の対話の中心は、親の体験談  2014年4月15日  No.2123
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2123      





 子供が毎日長文を音読して、週に1回その長文の内容をお父さんお母さんに説明します。そして、次の週の課題とともに、その長文の内容について親子で対話をします。これが、言葉の森の音読と対話の予習です。

 このときに対話の中心となるのが、お父さんお母さんの体験談です。

 親子の対話が進まない原因のひとつは、親が体験ではなく知識や意見を披露してしまうことです。子供は、両親の実際の体験にはとても興味を持って聞こうとします。しかし、両親の知識や意見には、あまり関心を示しません。

 面白い体験談を話すためには、その場の思いつきで話すだけでなく、ある程度の準備も必要です。子供の次回の課題や、次回の長文をもとに、どんな体験談が話せるか考えてみるのは、やってみると意外と面白いものです。作文の勉強を支える親子の対話として、お父さんやお母さんの面白い体験談をできるだけ用意するようにしてください。

 言葉の森のオープン教育の掲示板に「森の予習室」があります。その学年別の掲示板には、体験談のヒントになる例がよく載っています。参考にしていただけるとよいと思います。 

●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
対話(45) 

 コメント欄
コメントフォーム

親子の対話の中心は、親の体験談 森川林 20140415 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」