言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 自習検定を更に本格的に
▽ひとつ後の記事 本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その1)

 
子供の学力は家庭で決まる  2014年12月18日  No.2272
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2272      




 もともと人間が持っている能力には、大きな差はありません。誰でも、やればできるようになるし、やらなければできるようにはなりません。そういう単純なものが勉強です。
 しかし、学校で先生が同じようにみんなに教えていて、できる子とできない子の差がだんだん出てくるのはどうしてなのでしょうか。
 それは、決して生まれつきの差なのではなく、ただ家庭での生活習慣の差が積み重なった結果なのです。

 例えば、小学校低中学年で、国語と算数のドリルを毎日しっかりやっているが読書の時間があまりとれない子と、勉強はあまりしないが読書だけはよくしているという子がいた場合、今の時点での成績は、勉強をしている子の方がいいはずですが、数年たつと、それが逆転してしまうことが多いのです。

 それは、なぜかというと、小学生の間のドリルの勉強のようなものは、頭の表面を使っているだけだからです。
 勉強の内容が、「日本でいちばん長い川は? 信濃川」というような条件反射的なものですから、やれば誰でもできるようになりますが、それができたからといって、頭の内面がよくなるわけではありません。
 それは、国語の漢字書き取りでも、算数の計算問題でも、同じです。やればできるようになるが、やらなければできないということなので、一見大きな差がつくように見えますが、その差は表面的な差です。
 これに対して、読書の量というのは、目に見える差としては出てきません。勉強の差は表面的なのですぐに出てきますが、読書の差は内面的なので、差としてはすぐには出てこないのです。
 しかし、その分、読書によって子供の頭の内側は構造化が進んでいきます。それがわかるのは、子供が高学年になり、難しい勉強に取り組むようになってからです。

 また、今は英語ブームで、小学校低学年や幼児から英語の勉強に取り組んでいる子がかなりいます。
 そころが、低学年での英語の勉強は、ほとんど意味がないばかりか、かえって日本語力の成長の阻害要因になることが多いのです。
 特に、熱心に英語をやりすぎた子ほど、肝心の日本語の発達が遅れます。そして、今の大学入試の英語は、半分以上国語力の試験ですから、小さいころ英語を勉強しすぎた子ほど、英語ができなくなるという結果になることもあるのです。

 もうひとつは、暗く真面目に勉強している子と、明るく楽しく勉強している子の違いです。
 時どき叱られたり注意されたりしながら熱心に勉強している子と、たまにふざけすぎることもあるが楽しく明るく勉強している子と、勉強の内容の定着度がどちらが高いかと言えば、明るく楽しく時にはふざけて勉強している子の方です。
 それは、なぜかというと、人間の頭脳は、暗い記憶は薄れ、明るい記憶は残るという仕組みを持っているからです。勉強は、何しろ明るく楽しくやるのがいいのです。

 以上のような家庭の生活習慣は、すぐには変わりません。しかし、このような習慣の違いが、子供たちの学力の差を生み出していくのです。

 今、言葉の森では、寺子屋オンエアという企画を行っていますが、将来、寺子屋オンエアの先生は、自分の家庭で楽しく子育てをした経験のある年配者が、自分の経験を生かしてそれぞれの家庭の学習をアドバイスするようなものにしていく予定です。
 そして、日本中に、よい家庭学習の習慣を広げていきたいと思っています。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭学習(92) 寺子屋オンライン(101) 

コメントフォーム

子供の学力は家庭で決まる 森川林 20141218 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」