秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 寺子屋オンエアの家庭学習は凡事徹底の勉強
▽ひとつ後の記事 作文も、音読も、勉強も、理解より慣れが大事な勉強

 
寺子屋オンエアの勉強の仕方で注意すること――勉強は長時間やらせない、問題集に答えを書かない、面白い本を中心に少しずつ難しい本を、問題集読書は音読が大事  2015年9月16日  No.2418
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2418      




 寺子屋オンエアで、子供たちが家庭学習をしている様子を見ると、みんなの勉強の仕方の長所短所がよくわかります。
 今回はその中で、いくつか問題に感じたことを紹介します。
 今後の家庭学習の参考にしてください。

●勉強は長時間やらせすぎない

 せっかく先生が見ていてくれるのだからと、長い時間勉強させようとするお母さんがいます。
 長くやってくれると、親は確かにうれしい気がすると思いますが、長くやることによって子供の負担感が少しずつ蓄積されてくると、結局長続きしなくなります。
 勉強は、短い時間でよいので、毎日同じようなことを長く続けることで力がついてきます。どんなに集中して長時間やったとしても、その結果長続きがしなかったら何の成果もありません。
 親から見て、ものたりないと思うぐらいの時間が、子供にとっては最適の時間なのだと考えていってください。
 本人に勉強の自覚ができる中学3年生ぐらいになると、親が何も言わなくても長時間集中してやるようになります。長時間の勉強は、本人が自覚してからでいいのです。

●問題集に直接答えを書かない

 問題集に直接答えを書く子がよくいます。問題集の方も、空白が広くとってあり、そこに計算式と答えが書けるようになっているものが多いようです。
 しかし、問題集に答えを書くと、結局その問題集は1回やっただけで終わりになってしまいます。
 問題集には、○と×だけをつけておき、計算と答えは別にノートに書きます。これなら、間違えたところだけを何度も繰り返しできるので、その問題集を完璧に仕上げることができます。
 ところで、こういう説明をすると、ノートの方に○と×をつけるだけで、問題集には何も書いていないという子がいました。それでは、どの問題ができてどの問題ができなかったかわかりません。
 問題集には○と×、ノートには計算と答えと○と×をつけておいてください。

●面白く読める本を優先、しかし少しずつ難しい本に触れる機会も増やす

 読書は、勉強よりも優先して毎日取り組む必要があります。特に小学生の場合はそうです。
 読書さえしっかりしていれば、今の成績が普通程度であっても、学年が上がって本気で勉強に取り組むようになればすぐに力がつきます。
 逆に、今の成績がどんなによくても、読書を後回しにしている子は、学年が上がると成績が伸びなくなります。
 今の成績よりも将来の学力を考えて、読書を毎日欠かさずに行うようにしてください。

 本の選び方で、よく「○年生の読み物」などとなっている本がありますが、こういう細切れの名作が載っているようなものは、没頭して読む本にはなりません。
 物語文であればストーリーの面白い本、説明文であればその子の興味のあるジャンルの本を選んでいくようにしてください。
 小学校低学年で読む本として、「怪傑ゾロリ」のような本は、大人から見れば品がないように見る人もいると思いますが、文章はしっかりしているし内容も面白いのでおすすめです。
 漫画や学習漫画や絵本や図鑑のような絵に頼るものでなければ、子供が夢中になって読む本をいちばんいい本だと考えていってください。
 しかし、大人が新しい別のジャンルの本の面白さに触れる機会を作ってあげなければ、子供はいつまでも同じレベルの本にとどまります。
 その子の興味や関心や読書力を考慮しながら、少しずつ興味の持てる説明文の本を読む機会を作っていくようにしてください。

 難しい本というと、大人はすぐに難しすぎる名前だけ有名な本を読ませがちです。
 その子の読書力を考えて、無理のない難しい本を選ぶようにしてください。
 また、1冊を最後まで読む形の読書だと、その本に興味が持てない場合、ずっと同じ本でとどまるようになります。
 読書は、読んでいるところに付箋をつけ、何冊かの本を並行して読むようにすると、1冊の本だけを読むよりも読書量が増えます。
 また、子供に本を読ませるだけでなく、お母さんお父さんも毎日必ず本を開くようにしてください。

●問題集読書の音読と感想

 問題集読書は、答えを先に書き込み、音読し、感想を書くという流れで勉強しています。
 この中で最も大事なのは音読です。しかし、音読は形に残らないので、形の残る感想を書くようにしています。
 感想は、50字ぴったりに書くことと、たとえ又は自作名言(「○○はAでなくBである」のような表現)を入れて書くことを目標にすると、より高度な書き方になります。
 ただし、たとえや自作名言を毎回入れるのは難しいので、とりあえずは50字ぴったりに書くことを目標にしていくといいと思います。
 感想は形に残るので、子供も親もつい感想に力を入れがちですが、勉強の中心はあくまでも音読で、感想はやり終えたという形を作るためのものと考えていってください。
 音読は、これまでは本人任せでしたが、skypeのビデオメッセージで先生あてに送れるようになったので、音読も形の残る勉強になりました。
 音読も感想も、長く続けることが大事ですから、近くで見たり聞いたりしているお母さんは、どのような音読や感想であっても、細かい注意はせずに、続けることが第一と考えて見ていってください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭学習(92) 寺子屋オンエア(101) 勉強の仕方(119) 

コメントフォーム

寺子屋オンエアの勉強の仕方で注意すること――勉強は長時間やらせない、問題集に答えを書かない、面白い本を中心に少しずつ難しい本を、問題集読書は音読が大事 森川林 20150916 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20150916  
 題名長すぎ(笑)。

 寺子屋オンエアで子供たちの勉強の様子を見ていると、いろいろなことに気が付きます。
 いちばん多いのが、形にとらわれて、中身のあまりない勉強をしていることです。
 例えば、問題集の解きっぱなし。
 子供はつい解くことが勉強だと思ってしまうのです。
 本当は、解いたあと間違えたところを理解し、それを反復して練習する仕組みを作るのが勉強なのですが。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」