秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 帰国子女と受験作文
▽ひとつ後の記事 世界を豊かにするための三つの対策と森林プロジェクト

 
読書についての質問二つ――「『かいけつゾロリ』ばかり」「質問しても答えられない」  2015年11月10日  No.2462
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2462      




 学校でも、家庭でも読書に力を入れてきているせいか、小学生に関しては昔よりもよく本を読んでいる子が多いようです。
 しかし、読書に力を入れると、いろいろと気になることも目についてきます。
 最近あった、保護者からの質問を二つ紹介します。

 ひとつは、「『かいけつぞろり』のような本ばかり読んでいる。これでいいのか」というものです。
 「かいけつゾロリ」は、品の悪い話も多いので、お母さんには受けませんが、子供は大好きです。しかも、意外と説明的な文章も多く含まれているのです。
 いい本と呼ばれる有名な本の中には、内容はよくても会話ばかりが続くようなものもあります。その点で、「かいけつぞろり」は、おすすめの本なのです。

 「かいけつゾロリ」ばかり読んでいる子に、対応する方法は三つあります。
 第一に、読書は面白いということが最も大事ですから、そのまま読んでいることを認めてあげるのです。面白い本を繰り返し読むことで、読む力がついてきます。
 第二に、しかし、子供の興味を探りながら、いろいろなジャンルの本を与えて読書の傾向を発展させるということも大事です。その子の興味のある分野が何かということは、実際に本を与えてみなければわかりません。図書館やブックオフを利用して、読書のジャンルを広げていくようにするのです。
 第三に、親が子供に読ませたいと思う本は、読み聞かせをしてあげることです。読書には、子供を引きつける力があるので、その子が興味を持つ本であれば、途中から自然に自分で続きを読もうとするようになります。

 今の読書をそのまま認めてあげながら、少しずつ幅広く難しい本に発展させてゆくという二本立てでやっていくといいのですが、重点は、あくまでも今の楽しい読書を認めてあげることです。

 もうひとつの質問は、「本はよく読むが、質問をしてもうまく内容を答えられない」というものです。

 第一に、質問などはしないことです。本を読んだあとに、本の内容を質問されていたら、本を読むことが楽しくなくなってきます。
 第二に、質問をするのではなく、親が逆に、その本に関連した似た話を楽しく話してあげることです。

 これは、作文の指導でも似ています。
 子供から何かを引き出そうとすると、なかなか出てこないので、苦しい勉強になっていきます。
 引き出すのではなく、親が先生が与えるつもりでやっていくのです。

 例えば、感想文の課題で、似た話を書くときなど、子供に似た話を見つけさせようとするのではなく、親が似た話をどんどん話してあげます。
 子供は、まだ成長途上なのですから、今は答えられないものがあってもいいのです。
 答えられないものを引き出すのではなく、その答えられないものは親が先生が与えていくのです。すると、それが自然にその子のものになっていきます。

 ところで、このような読書の習慣も、勉強の習慣も、小学1年生のスタートの時期によい形のものにしておくことが大事です。最初に作った形が、ずっとあとまで続くからです。
 そこで、言葉の森では、小1や幼小から作文の勉強が始められるように、親子作文コースにこれから力を入れていく予定です。
 この親子作文コースに、寺子屋オンエアを組み合わせれば、家庭での勉強と読書と作文が無理なく軌道に乗ると思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 親子作文コース(9) 

コメントフォーム

読書についての質問二つ――「『かいけつゾロリ』ばかり」「質問しても答えられない」 森川林 20151110 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


mae 20170209 9 
本はよく読むけれど、読む内容が進歩しない……、面談の時にお母様方からよく受ける質問です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」