言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 才能とは時間をかけたこと(Facebookページより)
▽ひとつ後の記事 子供たちに科学の面白さを

 
国語力はすべての学力の基礎、作文力は将来の学力の目標  2016年9月19日  No.2677
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2677      



△小さな花に、小さなシジミチョウ

 「ほかの勉強はまあできるのですが、国語だけが苦手で……」という相談を時どき受けます。
 おどかすようですが、そういう場合は要注意です。国語のレベルまでしか、ほかの勉強も伸びていかないことが多いからです。

 以前、小さいときから英語をやっているので、今では英語の本の方をよく読んでいるという小学校高学年の子の話を聞いたことがあります。
 易しい本を読むレベルで言えば、日本語の本以外に英語の本も読めるというのはいいことです。しかし、難しい本を読むときは、日本人は母語である日本語でなければ深く読むことはできません。
 だから、学年が上がり勉強内容が難しくなるにつれて、英語の本を読めるかどうかよりも、何語であってもよいので難しい本を読めるかどうかの方が重要になってくるのです。

 国語力をつける基本となる場所は家庭です。
 家庭で読書の習慣をつけ、更にその学年相当よりも少し難しい文章を音読する習慣をつけていくのです。
 言葉の森が今行っているのは、寺子屋オンエアで問題集読書の習慣をつけることです。更に、毎日の音読もskypeのビデオメッセージで先生に送るようにすすめています。小1~3の生徒の場合は、読書実験クラブというオンエア講座を開いています。

 しかし、これらに参加しなくても、家庭で読書と音読の習慣を毎日つけられればそれで十分です。
 小学2、3年生までは、子供も親の言うことをよく聞きますから、この時期までに毎日の読書と音読の習慣をつけていくことが大事です。
 そして、本当に力がつくのは小5以降の思考力が育つ時期ですから、小学校高学年からは特に力を入れて問題集読書を続けていく必要があります。
 この国語力が、他の教科すべての土台となっていくのです。

 国語力が既に十分ついている人が、これから力を入れていく分野は作文力です。
 それは、これからの学力が記述力として評価されるようになってくるからです。

 知識をたくさん知っているだけなら、コンピュータでもできる時代です。
 力仕事が機械に取って代わられたように、単純な知的作業は既にコンピュータに取って代わられています。そして、その範囲はこれからますます拡大していきます。

 人間ができるのは、知識を覚えることではなく、知識を組み合わせて新しいものを作ることです。これが、人間の本来の得意分野です。
 なぜ人間の得意分野が新しいものを作ることなのかというと、人間は未来に対して夢や希望を持つことができるからです。夢や希望があるから、自然に新しいものを作りたくなるのです。

 その新しいものを作ることを準備する力が作文力です。
 だから、小学校高学年からは、説明文や意見文の形で作文を書く力をつけていく必要があるのです。

 言葉の森の作文指導の特徴は、小1から高3まで一貫して勉強できることです。
 受験に小論文があることがわかってからあわてて勉強を始めるのではなく、小学校1年生から作文を書く習慣を生活の中に作っておくといいのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 言葉の森の特徴(83) 

コメントフォーム

国語力はすべての学力の基礎、作文力は将来の学力の目標 森川林 20160919 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20160919 1 
 算数、英語、理科、社会と同じような教科の学力のひとつとして、国語の学力があるのではありません。
 国語は、学力そのものなのです。

 漢字や文法やことわざの知識や古文や漢文と同じような国語の分野のひとつとして、作文があるのではありません。
 高学年以降になると、作文は学力の集大成なのです。


nane 20160919 1 
 国語の勉強の基本は簡単です。要するに、読むことだけです。
 しかし、考えながら読むことが大事なので、学年に応じて考える文章を読む必要があるのです。
 というのは、考えなくても読める文章もあるということです。
 小学1年生の子にとっては、漫画も考える文章です。
 しかし、小学校高学年の子にとっては、絵で助けてもらう漫画は考える文章とは言えません。
(でも、漫画が悪いというのではありません。読書好きの子のほとんどは、漫画も好きだからです。)



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」