秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語力はすべての学力の基礎、作文力は将来の学力の目標
▽ひとつ後の記事 考える力を育てる国語・作文と算数数学の勉強

 
子供たちに科学の面白さを  2016年9月20日  No.2678
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2678      



△図は「科学のふしぎな話365」(日本科学未来館監修)より

「タイの中にタイがいる」
 マダイを食べると、その胸のところに小さなタイの形の骨があり、胸びれを支える役目を果たしています。
 オメデタイが二重になるので、江戸時代から縁起物として大切にされてきたそうです。
 知らなかった。

「世界最大の生き物はキノコ」
 キノコの本体は菌糸で、太さは髪の毛の10分の1ぐらいしかありませんが、ずっと遠くまで広がっていて、キノコによっては数平方キロメートル、重さにすると数千トンになるそうです。
 キノコを何回も繰り返し割くと、細い糸のようなものになります。これが菌糸のかたまりだそうです。
 知らなかった。

「シャボン玉はどうしてできる」
 水の泡がすぐに壊れるのは水の分子の表面張力が強いからで、そこに石けんを加えると、表面張力が弱くなるので泡が壊れにくくなります。
 壊れにくいシャボン玉を作るコツは、PVA洗濯のりを入れて一晩寝かせておくのだそうです。
 知らなかった。

 身近にあるもので、科学的な話で、実際に確かめてみることができて、親子で一緒に楽しめる。
 小学校3、4年生ぐらいまでは、勉強にかける時間を少し減らして、こういう半分遊びのような実験にかける時間を増やしていく方が、考える力のある子が育つのではないかと思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書実験クラブ(9) 小学校低学年(79) 

コメントフォーム

子供たちに科学の面白さを 森川林 20160920 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20160920 1 
 頭で理解するだけでなく、実際に手を動かして確かめてみる。
 そういう機会を増やしていくことが、子供たちの生きた思考力を育てます。
 国語の勉強は、文学的な感性を育てるだけでなく、こういう科学的な思考力を育てる勉強でもあるのです。


nane 20160920 1 
 「タイの中にタイがいる」を見て、今度、おめでたい日にタイを食べてみようと思いました。
 おめでたい日……。何かあるかなあ。
 ……毎日がおめでたいと言えばそうも言えるが。



kira 20160921 52 
 大人になっても、改めて知って驚くことがあります。遊びながら、おいしいものを食べながら、子どもと話したいですね。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」