言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 受験作文のオンエア特別講評終わる
▽ひとつ後の記事 12月7日講演会「勉強せずに学力をつける家庭教育のコツ」の内容

 
学歴インフレと個性  2016年12月5日  No.2754
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2754      




 中国の2013年の大学卒業者は700万人です。
 日本は毎年60万人です。
 学歴インフレの状況では、大学を卒業したというだけではもう何も価値がないということです。(大前研一さんの本より)

 日本では、今はまだ、一応大学を出ていれば何とかなるだろうという考えが強いと思います。
 何とかなるだろうというのは、ちゃんとした仕事について生活していけるだろうということです。

 しかし、現実はもうそうではなくなっています。
 また、仕事についていても、若い人はかなり高い割合で離職をしています。
 その離職の原因も、根性がないからというようなことではなく、その仕事に未来の展望が持てないからなのです。
 つまり、世の中全体に、新しい方向に向かって発展するものが見つけにくくなっているのです。

 これと同じ状況が生まれたのが、長く平和の続いた江戸時代でした。
 新しい需要が生まれない中で、消費も生産も縮小する形で均衡していったのです。

 世界では、今はまだ途上国や新興国の間で、新しい需要が生まれているように見えますが、現代の人類の生産力のもとでは、それらの需要が埋め尽くされるのはかなり早いはずです。

 その中で、日本がこれから目指す道は、多様で個性的な文化を創造していくことです。
 この場合、大事なことは「創造」ということです。
 文化というと、多くの人は、絵画や音楽やスポーツのような既にあるものを思い浮かべがちですが、そういうすぐに思い浮かべられる文化的なものは、もはや過去の文化で、それらに新しい社会を作り出す力はありません。

 まだ名前もないようなものを新たに創造することが、これから求められる文化の創造で、それによって現代の経済の行き詰まりも打開されていくのです。
 そういう文化の創造を担う人は、自分の個性にこだわりを持つ人です。
 具体的な例で言うと、いつもハコフグちゃんの帽子をかぶっているさかなクンのような人です。

 学歴インフレは、これから更に進みます。
 経済のデフレは、過去に価値あると思われていたもののインフレに対応しています。
 だから、これからの子供の教育で大事になるものは、勉強+個性で、その個性の度合がますます大きくなるような時代に私たちは生きているのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 

コメントフォーム

学歴インフレと個性 森川林 20161205 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20161205 1 
 世の中の変化は早いので、今の大人が自分の若いころを基準にして考えていることはどんどん時代おくれになっています。
 時代おくれどころか、時代に逆行していることもあります。
 大事なことは、みんなと同じというのがいちばんリスクが高いということです。


nane 20161205 1 
 学校の成績がよいと親は安心すると思いますが、成績がよいだけの人は、今は掃いて捨てるほどいます。
 これが、現在の学歴インフレの状況です。
 これからは、個性がないと生き残れない(とは言わないまでも、それに近い)世の中になっていきます。
 だから、個性の核を見つけた人にとっては、これからの社会は理想的な社会になるのです。


namura 20161206 10 
これからの時代、計算が早い、公式を覚えている、それだけでは太刀打ちできない時代ですね。

namura 20161208 10 
自然から学ぶことはたくさんあります。机上の勉強よりも、小学生時代は、友達と遊び、自然の中をかけまわり、めいっぱい遊んでいきたいですね。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」