作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語力だけでなく、学力全体がぐんぐん伸びる、小1からの日本語暗唱入門
▽ひとつ後の記事 言葉の森の教材を使って自宅で作文を教える「森林プロジェクト」の作文講師資格講座

 
記述問題に強くなる国語問題集読書の50字感想練習  2017年4月8日  No.2906
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2906      




 自主学習クラスでは、国語問題集読書の50字感想を行っています。
 最初は、50字ぴったりにまとめる練習です。
 それができたら、次は、理由を書いてまとめる練習です。
 そのあと、似た例を書いたり、たとえを書いたりする練習をして、最終的には考え方を対比させて書く練習をします。

 記述問題のいちばんのポイントは、ある考えとある考えを対比させて書くことです。
 例えば、「Aだと思う」と書くのではなく、「BではなくAだと思う」と書くことです。
 この対比によって、輪郭のはっきりした記述ができるのです。

 この問題集読書と50字感想は、家庭でもできますが、しかし親子でやるとうまく行かないことが多いと思います。
 それは、親はどうしてもより深い書き方を要求してしまうので、まず子供が勉強を負担に感じるようになり、そのあとやがて、親がそういう勉強を続けることを負担に感じるようになるからです。

 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 自主学習クラス(0) 

コメントフォーム

記述問題に強くなる国語問題集読書の50字感想練習 森川林 20170408 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170408 1 
 記述問題の力をつけるためには、何しろ書く回数を増やすことです。
 理屈で説明を聞いても、記述力を伸びません。
 しかし、書く練習がなぜなかなかできなかというと、その書いたものを評価することが難しいからです。
 そこで必要になるのが、事後評価ではなく、事前指導に力を入れることなのです。
 この記述力をつける練習をしていると、長文を読むことによる読解力もついてきます。


namura 20170409 10 
50字感想練習は、文字数が長すぎず、なんとか50字ぴったりにまとめようと、頑張っています。

nane 20170409 1 
 これは作文も同じです。
 答えが決まっている勉強であれば、親も簡単に教えることができ、子供も素直にそれに従います。
 しかし、答えの決まっていない勉強では、親は教える時間が取れないか、あるいは教える時間が取れる場合は注意中心の教え方になってしまうのです。
 その結果、練習量が確保できなくなってきます。
 記述や作文の練習で最も大事なのは、練習量を確保することですから、記述や作文は家庭では学年が上がるほど教えられなくなってくるのです。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」