△ひとつ前の記事 「作文が全然書けないんです」という相談
▽ひとつ後の記事 国語力アップの秘訣(2)――問題集読書のすすめ

 
国語力アップの秘訣(1)――読む力をつける  2017年9月20日  No.3045
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3045      



 国語力というものは、一般につけにくいものだと思われています。

 国語の問題集をいくら解いても、国語力がつくようになるとは思えません。 学校や塾で国語の授業をいくら熱心に聞いても、国語ができるようになるとは思えません。

 国語というのは、目標も手段もあてのない教科だと思われているのです。

 確かに、国語の点数を上げるコツというものはあります。
 それは読解のコツ、記述のコツを身につけることです。
 作文のコツというものもあります。

 しかし、そのコツ、つまりテクニックでできる部分は、氷山で言えば水面の上に出ているところに限られています。
 水面に沈んでいるところの国語力は、どうやって伸ばしたらよいか分からないというのが、多くの人の正直な感想だと思います。

 この水面下に沈んでいる国語力というものは、一言で言うとその学年相当よりも少し難しい文章を読み取る力です。

 国語の勉強を何もしていないのに、最初から国語の成績のよい子がいます。
 そういう子に共通しているのは、小さいころから本をよく読んでいることです。
 しかも、その本は、その学年の子にとってはやや難しい文章のものも含まれていて、それを自分から進んで読んでいるのです。

 したがって、国語力をつけるためには、少し難しい文章を読む時間を増やすことです。

 その一つのポイントは、作文感想文の勉強をする中で、感想文のもとになる長文を読み取る練習をすることです。

 感想文を書くために元の長文を何度も読み、両親に関連する話などを取材していくと、その文章を読み取る力がついてきます。
 それを繰り返すことで、難しい文章も読み取れる国語力がついてきます。

 言葉の森の作文で、課題の長文の音読と、似た話の身近な人への取材をすすめているのは、作文を書く準備とともに、国語力をつけるためでもあるのです。

 もう一つは、その学年にとって少し難しい文章、つまり国語の問題集に出てくるような文章を毎日読むようにすることです。
 これを、言葉の森では、問題集読書という名前で呼んでいます。
 しかし、この問題集読書を続けるには、少し工夫が必要なのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 問題集読書(33) 自主学習クラス(0) 

 コメント欄

森川林 20170920 1 
 国語力というものは、短時間でもいいので毎日続けることでついてきます。 何を続けるかというと、読書や長文音読や問題集読書です。
 国語は、音楽やスポーツのような、体に覚えさせることで力がつく科目です。
 これが、理屈がわかれば力がつくほかの教科の勉強と違うところです。
 毎日続ける勉強で大事なのは、家庭学習を基本とすることです。
 国語は塾や学校で行う勉強ではなく、家庭で行う勉強なのです。


nane 20170920 1 
 国語の問題集は、解くものではなく読むものです。
 問題を解く勉強をすると、結局、合っていた、間違っていたという確認で終わってしまいます。
 読む勉強であれば、解く勉強にかける時間の5倍以上の勉強ができます。
 そして、問題と答えを読んで、どうしてその答えになるかを理解していけばよいのです。

コメントフォーム

国語力アップの秘訣(1)――読む力をつける 森川林 20170920 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」