作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語力アップの秘訣(3)――スタディサプリの先取り勉強法も
▽ひとつ後の記事 国語力アップの秘訣(5)――記述の練習

 
国語力アップの秘訣(4)――要約の練習  2017年9月24日  No.3049
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3049      




 国語力には、読む力のほかに書く力もあります。
 例えば、要約の問題、記述の問題、作文や小論文の問題などです。

 読む力の基本が、難しい文章を読みなれることだったのと同じように、書く力の基本は、書き慣れることです。

 その書き慣れるという基礎力の上に、書き方のテクニックがあります。

 大事なことは、テクニックよりも時間のかかる基礎力を早めにつけておくことです。

 書く基礎力をつけるためには、週に1回や2回、国語の教室に通って勉強をするのでは間に合いません。

 短時間でよいので、家庭で毎日書く練習をすることが大切です。

 では、書く練習はどのようにするのでしょうか。

 まず、要約の練習です。
 要約の練習で大事なことは、素早くまとめる力をつけることです。

 時間のかかる練習方法では、子供が飽きてしまいます。
 簡単にできるやり方で、毎日続けていくのです。

 まず、要約のもとになる文章を読みながら、自分なりによくわかったところ、大事そうだと思うところに、線を引いていきます。

 この場合、中心になるのは、よくわかったというところです。

 よくわかったところが、大事なところだと思えなくてもかまいません。
 自分なりに、なるほどと思ったところに線を引いていくのです。

 一通り読み終えたら、自分が線を引いたところだけを選んで飛ばし読みをします。

 その飛ばし読みを何度か続けると、文章の全体の流れが頭に入ります。
 そこで改めて大事なところを選ぶようにします。

 1文の平均の長さを50字と考えると、150字の要約であれば3文です。
 最初は3文にまとめるぐらいを目標に、大事だと思うところを3か所選びます。
 そして、その3か所の文をつなげれば要約の出来上がりです。

 これを言葉の森では、三文抜き書きという呼び方で練習しています。

 最初は、文章の中心とずれたところで三文抜き書きになってもかまいません。

 要約らしい形ができていれば、練習を続けるうちに、あとから内容が伴ってくるようになります。

 この、形を先にする練習であれば、どの子も要約の練習ができるようになります。
 この練習を毎日するのです。

 元にする文章は、国語問題集の問題文から選びます。

 ところで、要約のあと、その文章を見てあげる人がいなければ、子供にとってはやはり張り合いがありません。

 そこで、お父さんやお母さんが、その要約の文章をチェックします。

 このときに大事なことは、その要約が元の文章の内容と合っているかどうかということではありません。

 そこまで考えると、要約のチェック自体が負担になるので、親の都合で要約の練習が毎日はできないということになりかねません。

 要約の練習は、要約に慣れることが目的ですから、チェックはもっと簡単でいいのです。

 要約した文章が分かりやすく書かれているかどうかがチェックの基準です。

 この練習を繰り返していると、誰でも楽に要約ができるようになります。

 そして、要約の仕方に慣れてきたら、次は、字数を指定して150字なら150字ぴったりに1文字の過不足もなくまとめる練習をします。

 それができたら、時間制限をして、その時間内にまとめる練習をします。

 こういう目標があると、要約の練習は楽しくなってくるからです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 記述力(0) 

コメントフォーム

国語力アップの秘訣(4)――要約の練習 森川林 20170924 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170924 1 
 書く力の練習には、テクニックを覚えるより前に、書き慣れるという基礎力をつけておくことが大事です。
 基礎力をつける練習には、家庭での毎日の自習が必要です。
 そして、家庭での自習でいちばん大切なのが、できるだけ簡単なやり方で続けることなのです。
 簡単なやり方で、短時間で、毎日欠かさず、そしていつも褒める、というのが勉強の基本です。


nane 20170924 1 
 勉強を教えることに慣れていない人ほど、難しい複雑なやり方で完璧に理屈どおりに勉強を教えようとします。
 そういう勉強のさせ方は、2、3回はうまく行きますが、やがて子供が負担になり、叱る回数が増えてきて、そのうちに続かなくなります。
 できるだけ手を抜いて、楽にできる方法で、毎日続けていくのがいいのです。
 昔、ケセラセラという言葉がありましたが、ちょうどそんな感じでやっていくといいのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」