秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 時間のかかる子育てがやがていい思い出に
▽ひとつ後の記事 受験に取り組む際に大事な三つのこと――受験作文コースの個別面談

 
小学1年生の作文と勉強のオンライン相談会  2017年10月7日  No.3060
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3060      




 小学1年生は、その後の小学校生活の勉強のスタイルの基本が作られる大切な時期です。
 しかし、このころは勉強もやさしいし子供も言うことをよく聞くので、あまり先のことを考えずに子育てをしてしまうことがあります。

 よくあるのが、親が教えたり指示したりしすぎることです。
 小学1年生のときに親に言われたとおりに勉強をしていると、その後、自主的に自分でやる工夫ができなくなることがあります。
 よく言うことを聞くからといって、それで聞かせて済ませるのではなく、子供が自分で考えて行動するようにしていくといいのです。

 作文に関しては、逆に、子供に自分ひとりの力で書かせようとして、かえって親子の勉強がうまくいかなくなってしまうことがあります。
 この場合は、親がどんどん手助けして、楽に書かせるようにするといいのです。

 また、勉強の方法で大事なことは同じものを繰り返し身につけることですが、小学1年生のときに、子供が喜ぶからといって、新しい教材を次々にさせてしまうようなことがあります。
 すると、学年が上がったときに、同じものを繰り返すという勉強の基本がかえってできにくくなることがあります。

 このような勉強の仕方のアドバイスをお話しし、そのあと、保護者からの質問と相談の時間をたっぷりとっていく予定です。

 お申し込みは、言葉の森のホームページの 小1オンライン相談会 のページからお願いします。
 小1の保護者以外の方も参加できます。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
講演会・セミナー(0) 小学校低学年(79) 

コメントフォーム

小学1年生の作文と勉強のオンライン相談会 森川林 20171007 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171007 1 
 小1のころの勉強でよくあるのが、やり過ぎとやらなさ過ぎです。
 このころの子供は、素直で親に言われたとおりにやるので、どちらかに偏ることが多いのです。
 ところで、やらさな過ぎが大きな問題になることはまずありませんが、やり過ぎがあとで問題になることは結構あります。
 子供との距離を適度に置いて、できるだけ子供の自主性を尊重してやっていくといいのです。


nane 20171007 1 
 小学1年生の生活で大事なことは、勉強をできるようにさせることではなく、幸福に生きるようにさせることです。
 このころは、何しろ楽しくやっていくことが大事で、それさえできていれば、子供はのびのびと成長します。
 暗い気持ちで勉強するよりも、明るい気持ちで遊んでいる方が、頭脳は何倍も活性化するのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」