言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 小1から始める親子作文とは(2)
▽ひとつ後の記事 プレゼン作文発表会、Zoomで約2時間

 
小1から始める親子作文とは(3)  2017年11月22日  No.3095
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3095      




 学習の基本は模倣です。
 模倣のもとになるものは、憧れです。
 読書好きな子は、身近にいる読書好きな人を見て、その姿に憧れて本を読み出したということが多いのです。


 同じことが作文にも言えます。
 親が、構想図を書き、楽しそうに子供の作文を書き、その作文をもとに家族の対話が進むようになれば、子供はいつか自分もそういう作文を書きたいと思うようになります。

 ここで大事になるのは、お母さん以外のほかの家族、例えば、お父さんや、その子の兄弟も含めた家族全体の協力体制です。

 子供が話したことをもとに、お母さんが作文を書き、その作文に対して、お父さんがコメントを書き、お兄さんやお姉さんもコメントを書くというようなことができるといいのです。

 コメントは決してオーバーなものである必要はありません。
 絵の好きなお父さんならば、漫画のようなものを余白にかいておくだけでもいいのです。
 子供の作文を中心に、家族全体の輪ができるというイメージで考えていくことです。

 この家族の協力、特にお父さんの協力は、子供の学年が上がったときに生きてきます。
 お父さんは、普通仕事からの帰りが遅いことが多く、子供の生活や教育に深く関わりにくいところがあります。

 小学校低学年のころは、それでも親子の対話が成り立ちますが、子供が高学年になり、勉強が難しくなると、普段の対話がない父親と子供は、話す話題が限られてきます。
 それで、勉強や成績のことばかりが話題の中身になると、子供とのコミュニケーションは更に薄くなってきます。

 本当は、小学校高学年の考える作文のテーマで、社会生活をしている父親がいろいろな具体例を話してあげるといいのです。
 そういう高学年になってからの父親と子供の対話の土台が、小学校低中学年の作文をもとにした親子の対話です。

 ここで大事なことは、対話はディベートではないということです。
 日本人は、イエスとノーを物事に対してではなく、相手に対して言う文化の中にいます。
 だから、「それは、ちょっと違うなあ」というような否定的な言葉は、相手の話す気持ちを萎縮させてしまいます。
 対等の間柄であれば、そういう批判や反論もそれなりに面白いのでしょうが、親子の間で親が子供の意見に反論を述べると、子供はのびのびと話せなくなるのです。

 だから、ここが日本語の工夫の必要なところです。
 発言は、相手の話に対する似た例を中心にし、反対意見があるときは、反対意見をそのまま述べるのではなく、反対意見への理解という形で反対論も引用していくといいのです。

 例えば、子供が、「僕はAだと思う」という意見で、親がBだと思うときは、「確かに、Bという考えもあるけど、○君の言っているようにAという考えもあるよね」という言い方です。

 言うことの中身は同じでも、言い方次第で、楽しい話になったり、言い争うような話になったりするのが、日本語の特色なのだと理解しておくことが大切です。

 だから、話し言葉の最初は、「でも」や「だけど」でなく、「確かに」「そうだね」という言葉で始めていくといいのです。
 大事なのは、言いたいことの中身ですから、その外側の表現はできるだけ穏やかなものにしおくことです。
(つづく)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
親子作文コース(9) 

コメントフォーム

小1から始める親子作文とは(3) 森川林 20171122 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171122 1 
 親子の対話の度合いと、子供の思考力とは、高い相関があるように思います。
 作文の感想を自分らしく深く面白く書ける子は、親とよく話している子がなぜか多いのです。
 それは、たぶん、その子の理解力に応じて難しい話をしてくれる役割が最もよく果たせるのが親だからです。


nane 20171122 1 
 親子の対話を充実させるためには、親がまず本を読んだり考えたりして自分なりに勉強しておくことです。
 子供相手だからといって、親が何も工夫をしていなければ、面白いやりとりにはなりません。
 それを毎日の忙しい仕事と並行しながらやっていくのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」