言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 1月24日の発表交流会は盛りだくさん
▽ひとつ後の記事 26日の発表交流会は理科的な話が多数

 
1月25日の発表交流会は少人数でした  2018年1月26日  No.3152
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3152      




 25日(木)の発表交流会は、少人数でしたので、発表ごとに質問や感想を聞くことにしました。
 たまたま、木曜日の思考発表クラブを生徒と先生が集まったので、互いに一度聞いたことのあるような発表もあったと思います。

 今回の発表交流会は、事前に参加フォームで参加を連絡してもらうというところがわかりにくかったようです。
 次回は、どんな人が参加しているかを見て、参加する日程を選べるようにできると思います。

 本日27日(金)は、1月の最後の発表交流会になります。
 見学だけで参加する形でも結構ですので、発表交流会を見てみたい人はぜひどうぞ。

 子供は、見学だけで参加する場合、読んでいる本の紹介をしてください。
 大人は、見学だけで参加できます。
 ただし、いずれもカメラはオンでお願いします・。







 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 

コメントフォーム

1月25日の発表交流会は少人数でした 森川林 20180126 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20180126 1 
 学校にいる間は、人間の能力には差があるように見えますが、社会に出てからは、能力の差のようなものは関係がなくなります。
 社会に出てからは、自分からやると言うか、あとからついていくという言うか、そのどちらが多いかが最も大きな差になります。
 だから、子育ての一つの目標は、自分からやると言える子を育てることです。
 小さな挑戦、小さな自信が積み重なって、大きな挑戦になっていくのです。

nane 20180126 1 
 子供たちが自信を失ってしまうのは、点数で評価されることが多くなるからです。
 だから、親はいつも、子供を点数とは関係のないところで認めてあげることです。
 実際、社会に出たら学校時代の点数など関係なく、積極的に生きるかどうかがほとんどすべてだからです。
 発表交流会の意図も、そういうところにあります。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」