暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 小学生のみなさんと、新しく中学生になるみなさんへ(生徒保護者向け記事)
▽ひとつ後の記事 作文好きな子集まれ。ハイパー作文クラス、体験生徒募集中

 
言葉の森のオンライン少人数クラスの紹介(生徒保護者向け記事)  2018年3月8日  No.3231
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3231      


言葉の森のオンライン少人数クラスの紹介(生徒保護者向け記事)

 自宅でみんなと一緒に勉強できるオンライン少人数クラス。

■オンラインの作文少人数クラス

 言葉の森では、これまで担当の講師によるマンツーマンの電話作文指導を中心に行ってきました 。これは、作文の得意な子にも苦手な子にも、その子の実力に合わせた指導できるという点で効果があるものでした 。
 しかし、環境の変化が少ないために、子供がスランプに陥ったときなど、そのスランプ状態からなかなか抜け出せないということもありました。

 そこで言葉の森は、この春からオンラインによる少人数クラスの作文指導も併せて行うことにしました。
 これは、Zoomという Web 会議システムを使い、5、6人の少人数で全員が参加できる形で作文の発表や交流をしながら勉強を進めていくというコースです 。
 全員が毎回作文を発表するので、今のところまだ作文があまり得意でない子には向いていないと思います 。(将来は、作文の苦手な子にも対応した少人数クラスも行っていく予定ですが)

 この少人数クラスの利点は、参加者が毎回他の生徒との交流で刺激を受けながら勉強を進めていくことができる点です 。
 ただし、現在電話通信コースで担当の先生と順調に勉強を進めている子は、そのままそのコースで継続していった方がいいと思います 。

■オンラインの自主学習少人数クラス

 この作文の少人数クラスと同じように。言葉の森では、自主学習の少人数クラスと思考発表の少人数クラスも開催しています。

 自主学習の少人数クラスとは、国語の問題集読書と感想記述、算数の問題演習と似た問題作成、日本語の暗唱(小3まで)と英語の暗唱(小4から)という、主要教科の基本的な勉強を生徒どうしの交流を活かす形で進めていくクラスです。

■オンラインの思考発表の少人数クラス

  思考発表の少人数クラスとは、読んでいる本の紹介、作文の構想図発表、自由な学習や経験の発表を行っていくクラスです。
 このクラスは、既に1年以上経過していますが、参加者は毎回熱心に発表を行い、活気のあるクラスになっています。

■お問合せは事務局まで

  いずれも体験学習が2回できます。詳しい資料をご希望の方は言葉の森事務局までご連絡ください。
 ウェブで案内をご覧になる方は、下記のページにアクセスしてください。
https://www.mori7.net/teraon/syoukai/

■オンライン少人数クラスと担当講師(2018年3月現在)

時間帯時間帯
1700~1745自主学習・中根自主学習・中根作  文・細田作  文・木村900~945作  文・中根
1800~1845思考発表・富山思考発表・安藤思考発表・木村・竹本思考発表・冨田・村田自主学習・中根1000~1045 
1900~1945作  文・湯谷思考発表・塚田思考発表・大西作  文・市川自主学習・中根1100~1145 

 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母向け記事(61) 寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

nane 20180308 1 
 今の子供たちは習い事が多いせいか、よく、土曜日しか空いていないという声を聞くことがありました。
 そのうち、土曜日の体験学習がいっぱいになり、今は9時から10時の間は、担当する先生の空き時間がほとんどなくなってしまいました。
 そこで、3月から土曜日にも、新たに少人数クラスを設けることにしました。
 まだ始めたばかりで空いていますが、そのうちすぐに定員になってしまうと思いますので、土曜日の体験を希望される方はお早めにご連絡ください。

nane 20180308 1 
 昔、土曜日の午後の通学クラスを開いていたとき、土曜日の午後クラスは中高生の部活のような雰囲気でした。
 勉強が終わると、みんなでお喋りをしたり、パソコンで遊んだり、楽しくやっていました。
 オンラインクラスも、勉強が終わったら、「じゃあ、中庭で遊ぼう」というようなことになるかもしれません。
(中庭というのは、フリーに使えるZoom会議室のことです)
コメントフォーム

言葉の森のオンライン少人数クラスの紹介(生徒保護者向け記事) 森川林 20180308 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」