国語力、作文力をつける低学年からの勉強法
 これまでは、覚えた知識を再現する記憶型の勉強が中心でした。しかし、これからは、思考力や表現力を見る作文型の勉強が中心になります。公立中高一貫校の入試でも、公立高校の入試でも、大学の入試での、小論文のウエイトが次第に高くなっています。また、就職試験でも文章表現力が重視されています。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 【合格速報】長野市立長野中学校
▽ひとつ後の記事 小3の作文課題「どきどきしたこと」の発表例【動画】

 
ほかの子がやっていると自然に自分もできるようになる【動画】  2018年12月22日  No.3472
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3472      



 寺子屋オンラインの少人数クラスでは、集団の力学がよい形で働くことがあります。

 例えば、あるクラスで、一人の子が暗唱をすらすら言うと、それを見たほかの子が感心して、その後みんなが暗唱をするようになったということがあります。
 親子の関係だけで暗唱を続けようとすると、無理なくできる子もいますが、場合によっては親が強制し子供が反発するという関係になってしまうこともあります。
 みんなでやっていると、それが無理なくできるようになるのです。

 しかし、これは、少人数クラスの力学と家庭での習慣の両方がなければうまく行きません。
 家庭では、毎日の暗唱時間を確保することが大事で、その習慣を成果として引き出し、やる気を高めるのが集団の力学です。

 また、作文のアドバイスでも、ある子に、直接、「もっとこう書いた方がいい」とアドバイスをすると、その子の元の作文を否定するような形になってしまうことがあります。
 しかし、ほかの子の作文のよいところをみんなの前で褒めると、ほかの子もそのよいところを身につけるようになるということがあります。

 よく、「よいところを褒めるか、悪いところを直すか」ということが作文指導の二つの方法論として論議されることがありますが、グループで作文指導をしていると、どの子も全部よいところを褒める形で、ほかの子も自然に悪いところを直すようになるという理想的な形になることがよくあるのです。

 作文以外でも、ほかの子のよいところにみんなが影響を受けて、そのグループ全体がよくなるということがあります。
 例えば、みんなの作文を発表したあと、順にほかの子に対する質問や感想を言ってもらうことがあります。
 そののとき、最初はほとんどの子がうまく質問や感想を言えません。
 それは、相手の作文や発表を注意して見ていないからです。
 だから、うろ覚えで、直前の発表についてとってつけたような感想を言ったり、中には、感想が「ありません」と済ませてしまう子も出てきます。

 ところが、中に、ほかの子の発表すべてについて簡単なメモをつけておき、全員についてひとことずつ簡潔な質問や感想を言えるような子が出てきます。
 すると、みんながその感想の言い方に感心して、やがてどの子もそのような感想の言い方ができるようになるのです。

 入試の作文課題などで、放送を聞いて答えるという問題が出されるところがあります。
 こういう問題のときは、聞いたことを的確にメモしておくことが必要になります。
 ところが、多くの生徒は日常的な学習の中で、人の話をメモしながら聞くという習慣を持っていません。
 ですから、少人数クラスでの感想の発表は、勉強にも将来の社会生活にも役立つコミュニケーション力をつける機会になっているのです。


 現在、寺子屋オンラインクラスは、担当できる講師がまだ少ないせいもあり、本格的な募集を行っていません。
 しかし、今後は、個別指導でも、集団指導でもない、5、6人の少人数クラス指導といいうものが広がってくると思います。
 そのために、今後、寺子屋オンライン講師育成講座に力を入れていく予定です。

▼寺オン作文クラスの質問感想の様子

言葉の森の受講案内  無料体験学習受付中
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20181222  
 昔の子供は、上の子と一緒に遊ぶ中でいろいろなことを身につけました。
 親に言われても難しく感じてなかなかできないことが、友達が一緒だと自然にできるようになったのです。
 子供の成長には、そういう集団の力が欠かせないのだと思います。


nane 20181222  
 子供たちの感想の述べ方が、毎回前向きで感心することが多い。
 みんなが互いに相手のいいところを見ているということがよくわかる。
 どの子も、性格がいいなあ。
コメントフォーム

ほかの子がやっていると自然に自分もできるようになる【動画】 森川林 20181222 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」