△ひとつ前の記事 【合格速報】茗溪学園中学校
▽ひとつ後の記事 電車の好きな子は、好きな電車を生かした学問を【動画】

 
「聞く勉強」から「話す勉強」へ【動画】  2018年12月27日  No.3479
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3479      



 発表学習クラスの授業の様子です。(発表している子は小5です)
 わずか3分ほどの発表ですが、この準備のために1時間以上かかっているはずです。

 これと同じ知識を、先生の話を聞いて授業を受ける形で理解するのであれば、しばらくたつとすぐに忘れてしまうでしょう。
 だから、学校では、それを忘れさせないようにテストをするのです。
 しかし、もともと自分で興味があって覚えた知識ではありませんから、その知識もテストが終わればすぐに忘れてしまうのです。

 大人になってから子供時代を思い出してみると、覚えているのは、先生に聞いたことではなく、自分が言ったことやしたことばかりです。

 今は情報機器が発達しているので、優れた教材がふんだんに手に入ります。
 しかし、そこで見たり聞いたりしたことは、やはりテストがなければすぐに忘れてしまうでしょう。

 そのかわり、自分が調べて考えたことを発表し、ほかの人からの質問を受けたり感想を聞かされたりすることは、そのときの情景ととともにずっと記憶に残ります。
 そして、大事なのは、知識が残ることばかりではなく、その過程で自分から進んで考える力が育つことなのです。

 2020年の入試改革に象徴される、これから求められる学力は、覚えた知識中心の学力ではありません。
 その知識を使って自分なりにどう考えるかという学力です。
 そういう学力を育てる場が、少人数の勉強面での交流なのです。

▼「お米の歴史、似た言葉(発表学習クラス)」

この記事へのコメントは、facebookグループでも受け付けています。
最初にコメントをされる方は、記事のURLも入れておいてください。
寺子屋オンライン(主に生徒・保護者・一般の方用)
森林プロジェクト(主に講師・森プロ講師・一般の方用)
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
2020年度入試改革(0) 寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20181227  
 人間は、何かを覚えるためにこの世に生きているわけではありません。
 何かを作り出すことが中心であり、その準備として覚えることがあるのです。
 子供時代は、人より多く覚える時期ではなく、作る姿勢を育てる時期です。
 作る姿勢が育っていれば、覚える勉強は、必要になったときに集中してできるようになるのです。

nane 20181227  
 子供はみんな、発表する勉強が好きです。
 その勉強をするための第一の条件は、余裕があることです。
 しかし今、ほとんどの家庭は、親も多忙で子供も多忙です。
 だから、まず親がどうにかして時間を捻出し、子供と一緒にいる時間を作ることです。
 その時間の中で、知的な創造を楽しむ工夫をするのです。

コメントフォーム

「聞く勉強」から「話す勉強」へ【動画】 森川林 20181227 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」