小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」
 2016年12月発売 第6刷 40,000部。
つづきを読む
△ひとつ前の記事 創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 7、森林プロジェクトとオープン教育アシスタント
▽ひとつ後の記事 理解する教育から、身につける教育へ。日本の伝統的な教育法、音読と暗唱。

 
新年挨拶「雪の野原で作る小さな雪玉」  2014年1月1日  No.2027
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2027      


 みなさん、明けましておめでとうございます。  今年のテーマは、「創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育」に詳しく書きました。 http://www.mori7.com/beb_category.php?id=76  その要約は以下のとおりです。  まず、世の中はどんどんよい方向に進んでいるということです。  今年は、それが加速すると思います。  そして、よい世の中になったときに(なりつつあるときに)、自分たちが何を目指しているのかが問われるようになってきます。  その答えのひとつが、創造を価値と源泉とする社会です。  みんなが、創造と愛(と勇気と知恵と笑い)の中で生きる社会の実現です。  しかし、それを実現するのは日本が最初で、日本が政治的、文化的にリーダーシップをとる中で世界中がそういう方向に動いていくのだと思います。  だから、言葉の森も、その大きい方向に向けて仕事をしていきたいと思います。  その第一が、創造力を育てる教育を行うことです。  それを、作文を中心とする教育の中で実現していきたいと思います。  その方法が具体的には、今の項目作文です。そこに、森リンテクノロジーやプレゼン作文や長文音読や親子の対話や実行課題(遊びや行事の課題)を取り入れていきます。  第二は、その創造教育を実現する前提として、現在の教科の教育をもっと効率のよいものにする必要があるということです。  今の子供たちは、役に立たない勉強を詰め込みすぎています。(特に小中学生)  だから、もっと効率のよい、時間のかからない、したがって費用のかからない教育を提案していきたいと思います。  その方法が具体的には、自習検定(漢字、英語、算数数学、長文、作文)、オープン教育(オープン長文などで自分たちで教材を作り提供する運動)、家庭を中心とした学習です。  そして、第三に、その創造教育と効率教育を作る主体としてのオープンな組織の充実です。  その主体となるのが、言葉の森の講師、森林プロジェクトのメンバー、オープン教育のアシスタント、それから、言葉の森の生徒の保護者、言葉の森に関心を持ってくださっている多くの方々です。  創造教育、効率教育(そして将来は文化教育)を作る仕事を、言葉の森のオープン教育の場を中心に、自由なマイクロビジネスモデルとして展開していきたいと思います。  ここまでが、「創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育」という記事の要約です。  今年は、以上の仕事を、雪の野原で小さな雪玉を作るような構想として取り組んでいきたいと思います。  平成26年1月1日  言葉の森 代表 中根克明(森川林)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 創造が価値の源泉となる社会(9) 

コメントフォーム

新年挨拶「雪の野原で作る小さな雪玉」 森川林 20140101 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20140101  
 マイクロビジネスモデルというのは、文化祭や地域のお祭りで、みんなが焼き鳥屋をやったり、ヨーヨー釣りをやったり、遊んだり踊ったりするようなイメージで考えています。
 やらされる仕事はあまり楽しくありませんが、自分から進んでする仕事は楽しいものです。
 みんながそういう仕事で生活していけるような社会が将来やってくるはずなので、その準備をしていくということです。(気が早いけど)


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」