暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 1月4週の発表交流会のお知らせ
▽ひとつ後の記事 これからの子育ては、成績のいい子を育てることではなく、面白い子を育てることを重点に

 
少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設  2018年1月15日  No.3136
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3136      




 言葉の森のオンライン学習は、講師と生徒が1対1で行う形なので、生徒どうしの交流の機会があまりありませんでした。
 そこで、これまでは、生徒の交流の機会を作るためにプレゼン作文発表会などを企画していました。

 しかし、日常的に少人数のクラスが運営できれば、その授業がそのままが子供たちの勉強の意欲につながります。
 そこで、1時間の枠に5、6名の生徒がオンラインで一緒に学ぶ形の新しいオンラインクラスを開設することにしました。
 指導の基本は1対1ですが、課題が共通しているので、生徒どうしのやりとりも勉強のヒントになります。

 こういうスタイルのオンライン学習は、現在どこでもほとんど行われていません。
 その理由は、講師の急な休講などがあったときに、対応できないことが多いからです。

 また、授業で休んだ生徒が、ほかの曜日のクラスに振替で参加するということも、オンラインという形ではなかなかできません。

 幸い、言葉の森は、講師どうしの連携ができるので、これまでの1対1の指導では、休講や振替もほとんど待つことなく対応できました。
 この連携の仕組みを、少人数のオンラインクラスでもできるようにして、オンライン作文少人数クラス、オンライン自主学習少人数クラスを3月からスタートします。

 当面、以下の時間帯にオンラインクラスを受講する生徒を募集します。
 オンラインの学習は初めてという方も多いと思うので、現在受講している人も含めて、新たに無料体験学習の期間を2週間設けます。

 ご希望の方は、言葉の森事務局までご連絡ください。

 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンライン作文(2) 思考発表クラブ(0) 自主学習クラス(0) 

 コメント欄

森川林 20180115 1 
 オンライン学習というと、これまでは、ビデオの一斉授業だったり、マンツーマンのskype指導だったりするものが多かったと思います・。
 言葉の森では、今度、これまでのオンライン学習とは違う、少人数制のクラス指導を行うことにしました。
 オンライン学習の利点は、場所の制約がないので、指導の細分化ができることです。
 同じ学年の同じぐらいの進度の生徒が一緒に勉強できれば、勉強面でかなり刺激になると思います。


nane 20180115 1 
 言葉の森のオンラインの学習指導では、少人数の集団指導と、1対1の個別指導の両方を必要に応じて切り換えて行えます。
 生徒どうしの交流を深めながら、個々の生徒にも個別に対応できるというのは、理想的な勉強スタイルになると思います。
 今後、今行っている1対1の個別指導を、順次、少人数のクラス指導+個別指導という形に切り換えていく予定です。


23mayu 20180115  
お世話になっております。いさきです。三月からでしたら、月曜日と木曜日19時からはできます。よろしくお願いします。

森川林 20180115  
 いさきさん、こっちに書いてくれたんですね。
 ありがとう!

コメントフォーム

少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設 森川林 20180115 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」