△ひとつ前の記事 東大推薦入試型の学力を育てる発表教育
▽ひとつ後の記事 音声入力のコツ――歩きながらでも作文が書ける(あまりおすすめしませが)

 
言葉の森の勉強で、作文力とともに、こんな力がつく  2018年5月23日  No.3316
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3316      



 言葉の森は、作文の勉強をする日本で最も長い伝統を持つ教室ですが、単に作文を書く力をつけるだけではありません。
 作文力とともに、次のような力もつけられるのです。

◆暗唱力がつき、覚える勉強が楽にできるようになる――暗唱検定と暗唱チェック

◆読書力がつき、よりレベルの高い本を読むようになる――オンラインの読書紹介

◆親子の対話が盛んになり、話す力、聞く力がつき、語彙が増える――作文の予習シート、構想図発表

◆受験作文力がつき、中学入試、高校入試、大学入試、就活で役立つ――受験作文コース

◆読解力がつき、国語の勉強だけでなく、あらゆる勉強の基礎ができる――問題集読書の練習

◆国語、算数数学の勉強の仕方がわかり、毎日の自学自習の習慣がつく――自主学習コース

◆子供の勉強や生活に関する相談がいつでもでき安心できる――電話面談、オンライン保護者懇談会

◆友達との交流の中で、毎週楽しく作文が書けるようになる――寺オン作文コース

◆国語、算数数学、理科の創造的な学習に取り組めるようになる――発表学習コース

 大学入試がゴールではなく、その先にある創造的な仕事をするための実力をつけるのが言葉の森の勉強の目標です。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 

 コメント欄

森川林 20180523  
 言葉の森で真面目に作文の勉強をしていると、国語力、読解力がつきます。
 それは、毎日難しい長文を読むようになるからです。
 すると、勉強全体の力がつき、受験期にすぐに成果が出せるようになります。
 作文力、国語力、読解力は目立たない学力ですが、いざというときに最も頼りになる学力なのです。
https://www.mori7.com/index.php?e=3316


nane 20180523  
 普段の学校や塾でのテストは、出題範囲の知識を覚えるなどの準備が成績を左右しますから、本当の実力というわけではありません。
 入試の場合は、そういう準備よりも、本来の実力の差が出てきます。
 その実力のもとが読解力です。
 受験期に成績の上がる生徒は、読解力のある生徒なのです。

コメントフォーム

言葉の森の勉強で、作文力とともに、こんな力がつく 森川林 20180523 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」