作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 普通の勉強と受験のための勉強は違う
▽ひとつ後の記事 低学年の勉強のコツは目先の面白さで引っ張らないこと

 
小学1、2年生は学校での勉強より家庭の文化  2019年5月12日  No.3713
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3713      



 小学1年生の段階では、学校で習う勉強もかなり易しいものですから、勉強面で大きな差があるようには見えません。
 そして、少し熱心に取り組めば、成績もすぐに上げることができるような気がします。

 しかし実は、成績に表れないところで、小学1,2年生の子供の実力はすでにかなり大きく開いているのです。
 だから、小学1,2年生の勉強は、教科の勉強として行う以前に家庭の文化として行なっていく必要があります。

 この文化の差が、かなり大きいのです。
 例えば、食事中にテレビを見ながらご飯を食べている家庭と、食事中にさまざまな話題を楽しみながら食べている家庭とでは、子供の読解力や表現力は大きく違ってきます。
 それは、国語の問題集を何時間か行ったぐらいで逆転できるものではありません。

 読書についても、本の好きな子は毎日必ず本を読んでいます。
 しかし、小学生の中には、たまにしか本を読まないという子もかなりいます。
 表面にはあまり表れてこないこの読書量の差が文化の差なのです。

 言葉の森の寺子屋オンライン学習は、単に勉強を教えるだけでなく、この家庭の文化を豊かにする方向でも取り組んでいきたいと思っています。

 受験勉強は、学年が上がり必要になってから行うものではなく、ある意味で小学1年生から勉強ではない家庭の文化の面で始まっていると言えるのです。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
小学校低学年(79) 

 コメント欄

森川林 20190512  
 小学校低学年の家庭における教育文化とは、楽しい読み聞かせ、又は楽しい読書と、楽しい対話です。
 つまり、楽しく日本語を豊かにしていくことが、その子の情緒を育て、学力を育てていくのです。

nane 20190512  
 子供と楽しくお喋りしながら、子供の日本語を豊かにしていくためには、親は単に知識だけで話をしないことです。
 大人の知っている知識を子供に教えるような対話では、子供は楽しさを感じません。
 それは、学校で授業を聞いているようなものだからです。
 そうではなく、親の体験談と、そのときに思ったことをアドリブで話すのです。
 子供の語彙を豊富にするのは、そういう生きた会話なのです。

YYYY 20190512  
うちの子はとても漫画本に最近はまっています。
この記事での読書に漫画本を読むことは含まれないと思いますが、
漫画本では補えない読書の効果について教えてください。
よろしくお願いします。

森川林 20190513  
 YYYYさん、こんにちは。
 読書好きの子は、漫画も好きです。
 だから、漫画自体が良いのでも悪いのでもありません。
 大事なのは、漫画以外の、つまり字のスペースが絵のスペースよりも多い本を読んでいるかどうかです。
 読書とは、絵の助けを借りずに文章だけで内容をイメージ化し読み取る力をつけることができるものだからです。
コメントフォーム

小学1、2年生は学校での勉強より家庭の文化 森川林 20190512 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。




■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」