●コロナ休校対応!オンライン午前中クラス t16

これまでの全記事
 
新しいオンライン学習――今のオンライン学習のほとんどはリアルの劣化コピー  2021年3月30日  No.4227
ホームページの記事は→4227


動画 https://youtu.be/SddazrsXFOo

 3月30日の朝日小学生新聞に、オンライン学習の記事が載っていました。
 オンライン学習について、録画形式と双方向型があるという分類をしています。

 録画形式は、スタディサプリに見られるような学習で、長所は好きな時間に見られる、繰り返し見られるということです。
 短所は、集中が途切れやすいことです。

 双方向型の例は、N予備校で、長所は質問がしやすいこと、短所は授業を受けたままになりやすいことと書かれていました。

 言葉の森のオンライン学習は、このいずれとも違います。
 最も大きな違いは、録画形式や双方向型の授業は無駄が多いということです。
 つまり、分かっていることについても、見たり聞いたり時間がかかるということです。
 これは、リアル形式の授業も同じです。

 言葉の森の指導は、紙ベースの問題集を自主学習形式で行うやり方ですから、無駄なところは飛ばすことができます。
 大事なところは、傍線を引くことができます。
 分からないところは、繰り返し学習することができます。
 これが最も大きな違いです。

 好きな時間にできるかどうかということについては、言葉の森は振替授業で対応しています。
 質問しやすいかということについては、個別指導の時間が確保されています。
 集中して勉強できるかということについては、言葉の森は少人数クラスの対面授業ですから、自然に集中できます。小学1年生2年生でも、十分に取り組みます。
 授業を受けたままになるということはありません。それは自主学習と自主学習のチェックが、学習の基本になっているからです。

 オンライン学習は、オンラインという目新しさにとらわれているところがありますが、それではリアルな通学形式の学習の劣化コピーでしかありません。
 オンライン学習の独自のよさは、例えばZOOMのブレークアウトルームの活用に見られるように、リアルではできないことをやるところにあります。

 そして更にもっと根本的な問題は、今のオンライン学習のほとんどが、知識の詰め込みという既存の教育の枠組みの中で行われていることです。
 与えられた知識をいかに効率よく詰め込むかということは、今でこそ価値があるように見えますが、いずれほとんど意味がなくなるものです。
 例えば、もし今後オンライン形式で受験が行われるようになると、ネットの利用を取り締まることはできませんから、漢字を覚えるとか、歴史の年号を覚えるとかいうことは、ほぼ意味がなくなります。

 そのかわり重要になるのは、それらの知識を活用する思考力や創造性になります。
 その思考力と創造性、更には共感力を伸ばすことが、これからのオンライン学習の目標にならなければならないのです。

234-0054横浜市港南区港南台4-21-15 言葉の森オンラインスクール 電話0120-22-3987
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 他の教室との違い(22) 言葉の森の特徴(83) 

 コメント欄

森川林 20210330  
 オンラインのよさが、いつでもどこでも誰でも利用できることにあるというのは、もう2、30年前から言われている話です。
 ところが、今のオンライン学習のほとんどは、まだそのあたりにとどまっているのです。

nane 20210330  
 今のオンライン学習のほとんどは時代遅れです。
 未来のオンライン学習の方法は、5人以内の対話と発表、そして内容は創造なのです。
コメントフォーム

新しいオンライン学習――今のオンライン学習のほとんどはリアルの劣化コピー 森川林 20210330 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。



●コロナ休校対応!オンライン午前中クラス t16

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」