低学年から学力の基礎を作る
幼長、小1、小2、小3の基礎学力をひとつの講座で学ぶ。
読書の習慣、国語算数の勉強、暗唱の学習、創造発表の練習をオンラインで。


これまでの全記事
本当の勉強は、インプットを再現するものではなく、アウトプットのためにインプットをすること  2023年3月17日  No.4688
ホームページの記事は→4688


●動画:https://youtu.be/wsCSlqLJczU

 本当の勉強とは、与えられたものを詰め込んでそれをそのまま再現することではありません。
 今の勉強のほとんどは、詰め込み再現型の勉強になっています。
 先生が教えたことや教科書に書かれていることをそのまま吸収して、テストのときにそのとおりに再現することが勉強だと思われています。

 基礎学力はもちろん大切です。
 しかし、吸収→再現という勉強の仕方は、AIが人間よりももっと正確に素早くやってくれるようになっています。

 だから、今、文章を書くときに、忘れた漢字があっても、誰も「小学校のときにもっと漢字の勉強をしておけばよかったなあ」などとは思いません。
 計算をする必要があったときに、「もっと小学生のときに計算の練習をしておけばよかったなあ」とも思いません。
 吸収→再現のほとんどの部分は、ソフトがやってくれるようになったからです。

 では、人間は何をすべきなのかと言えば、それはアウトプットです。
 もっといい日本語で言うと、人間のすべきことは創造です。

 しかし、新しい何かを世の中に創造するためには、その根底に問題意識がなければなりません。
 問題意識は、今、ここに、自分が身体を持って生きているということがもとになっています。
 つまり、時間と空間と欲望の組み合わせが問題意識を生み出しています。

 AIは、今の段階では、時間や空間や身体と分離された機構です。
 だから、AIは、独自の問題意識を持ちません。
 したがって、AI独自の創造というのもまたありません。
 創造らしいことをすることはあっても、それは人間に委託された創造であって、独自の創造ではありません。

 人間のすべきことは、創造つまりアウトプットです。
 そのアウトプットをするためには、材料となるインプットが必要です。
 それが教育なのです。

 アウトプットが個性的であるように、インプットもまた個性的です。
 基礎となる学力で共通する面はあるとしても、基礎学力のかなりの部分はソフトで代替されるようになっています。

 大事なことは、何をインプットすべきかということではなく、何をアウトプットしたいかということです。
 それぞれの個人の個性に合わせてアウトプットをすることが、未来の教育です。

 この未来の教育の代表的なものは、言葉の森のオンラインクラスで言えば、作文クラスとプログラミングクラスと創造発表クラスです。
 これらのクラスでは、アウトプットが主体となる勉強をします。
 ひとつだけの正解がない勉強が、これからの勉強なのです。

233-0015 233-0015 横浜市港南区日限山4-4-9言葉の森オンラインスクール 電話045-353-9063
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 創造力(9) 創造発表クラス(0) 

 コメント欄
コメントフォーム

本当の勉強は、インプットを再現するものではなく、アウトプットのためにインプットをすること 森川林 20230317 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


 国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく
国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく。

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」