言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日16428 今日1045 合計17473

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   新しいじてん車   おはなちゃん

 六月十二日土曜日、私は、あさひのじてん車、エンジェルブルーの二十二インチの自てん車を買いました。色は、青色よりもうすく水色よりは、こい色です。せんしゅうは、買ってもらえなくてざんねんでした。だけど一週間たつとまちにまった、じてん車を買いました。さっそく、上おえきまで行きました。
「でもなんでここにくるの。」
ときいたら、
「すこしれんしゅうしな。」
と言われました。だいぶうまくなりました。もしも二十四インチだったら六年生までのれたのにな—と思いました。おとうさんに
「だいぶうまくなったね。」
といわれました。わたしはうれしくなりました。どうしてかとういと、うまいといわれたからです。すいすいこげるようになりました。なん回もはしってたのでまるでとおくにいったようにおもいました。わたしは、赤いじてん車をいもうとにあげました。赤いじてん車よりのりやすくなりました。手があせでいっぱいです。すこしふきました。だんだんなれるとたのしくておもしろくなってきました。わたしは、もっともっともーっとこぎたかったけれど夕がたになったのでかえりました。夏休みにはこの自てん車にのってしんりんこうえんやプールに行きたいです。どうしてかというと、じてん車にのるとすずしい風がふいてきもちいいからです。私は、まるで大人になったような気もちでうれしいです。 

   講評   namito

 さいごに 書きくわえたので 前のよりも さらによくなりましたよ。
 この調子で、これからの夏もがんばろう!
   


毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)