秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 苦労の多い感想文も生かし方で(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 実行を促す教育(facebook記事より)

 
低学年の作文のうまさは模倣のうまさ(facebook記事より)  2012年1月25日  No.1415
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1415      





 小学1、2年の作文のうまさは、模倣のうまさ。
 学年が上がると、ジャンルも変わるから、
 小さいころのうまさは消えていく。
 そのあと次第に自分の中身のある作文を書くようになる。

 子供だけでなく、国家や民族も同じようです。

 日本は、これまで、欧米に追い付け追い越せを合言葉に、欧米を模倣することが国際化だと思ってきました。

 しかし、模倣の優等生にはなったものの、そこに本来の自分がないことに気が付きだしたのです。

 幸い、日本にはふりかえるべき過去の伝統が豊富にあります。

 これからのフロンティアは、外側にあるのではなく、内側に広がっています。

 そして、本当の自分らしい中身を身につけたあと、再び新しいスタートが始まるのです。


 ということで、今日のテーマは、内と外。

1、内側と外側についてひとこと、
 又は、
2、「うち、と、そと」(そういえば、そろそろ節分)、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 子供たちを見ていると、中2のころまで素直に親や先生の言うことに従っていた子が、中3から急に自分流のやり方を主張するようになることがあります。

 そして、しばしば成績が落ちる(笑)。

 はたから見ていると、後退しているように見えるときが、実はその子が内面的に前進しているときなのです。

 その年齢は人によってさまざまです。

 しかし、いつでも前進する前は一時後退しているように見える、と知っているだけでも、ちょっと安心できると思います。


 それでは、今日も、長い目で見ての前進を目指して、いい一日をお過ごしください。


言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=305095836203254&l=c6cc3c540c
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
小学校低学年(79) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

低学年の作文のうまさは模倣のうまさ(facebook記事より) 森川林 20120125 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」