秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 勉強にもウォーミングアップが必要(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 国語の勉強は、「読める」から「言える」へ(facebook記事より)

 
算数・数学も、解く勉強から読む勉強へ(facebook記事より)  2013年1月12日  No.1712
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1712      





 解く勉強から読む勉強へというのは、国語についての話だけではなく、算数・数学についても同様です。
 問題を見て解くよりも、問題を見て解き方を読んでなるほどと理解する方が、ずっと密度の濃い勉強ができます。

 そういう勉強の仕方なら、解き方がわかっているものはもうする必要がありません。(計算の練習というのはまた別でしょうが。)
 初めて接する難問も、かえって楽しいものになります。

 これまでの勉強は、答えのある問題をいかに速く正確に解くかという勉強でした。
 これからの社会に必要なのは、答えのない問題をいかに創造するかということです。

 答えがあるのなら、それを見て理解できればそれでいいのです。
 そして自由な時間は、もっと創造的なことに向けていくべきなのです。

 たぶん、将来、勉強というのはそういうものになっていくと思います。



 さっき、表に出て空を見たら、雲一つない青空に太陽がまぶしく浮かんでいました。
 風は冷たくても、もう、気分は春ですね。

 それでは、いい連休をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 算数・数学(22) 

コメントフォーム

算数・数学も、解く勉強から読む勉強へ(facebook記事より) 森川林 20130112 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」