秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文を書く前に構想図をどう書くか
▽ひとつ後の記事 暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(5.5)

 
森の学校オンエアの未来教育構想  2016年11月3日  No.2735
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2735      




 言葉の森の未来教育の構想です。

(1)これからの子供たちに必要な勉強は、知識の詰め込みではなく、創造性を育てる作文や発表である。
(2)勉強は、自学自習で家庭学習中心にやるのが最も能率がよい。
(3)日常の勉強は、オンエアのネットワークを利用して、先生や友達と一緒に自宅で行えるようにするのがよい。
(4)ときどきは、遠足や合宿などのリアルな交流を行うことが日常の勉強の励みになる。
(5)教育は本来、誰でも参加できる価格で提供されるべきである。
(6)子供たちのトータルな成長を支えるものは、家庭での親子の対話と交流である。
(7)先生の仕事は知識を教えることではなく、子供たちが自ら知識や技能を修得するのを支援することである。

 これらの教育観のもとで、言葉の森では今、作文の通信指導のほかに、オンエアの学習指導をいくつか行っています。
 それらは、次のようなものです。
・寺子屋オンエア(小1~中3/1404円)、
・オンエア講座の「読書実験クラブ」(小1~3/1728円)、
 同じく「思考国算講座」(小4~6/1728円)、
 同じく「作文と勉強」(小3~6/モニター無料)、
・オンエア作文(全学年/無料)。

 また、これらの通信指導やオンエア指導の一方、春や夏の遠足や合宿の企画を行っています。
 そして、もともとの作文指導では、プレゼン作文発表会、作文検定、森リン大賞などの企画を行っています。
 また、このほかに、暗唱検定、自習検定などの企画も行っています。

 将来これらを有機的に組み合わせて、森の学校オンエアというシステムを作ることを考えています。

 個々の企画は、もう既に見通しがつきました。
 あと残っているのは、常時合宿ができる場所探しです。気が早い(笑)。

 その合宿の場所では、馬や犬や鳥が放し飼いになっていて、合宿に参加した子供たちは自由にそれらの動物たちと遊べるようになっています。
 また、川や池や海などの水で遊べる場があり、いつでも泳げるようになっています。子供たちは水遊びが好きだからです。

 なぜ合宿という形にするかというと、こういう広い合宿所は、都市部から少し離れた場所になるので、合宿して勉強や遊びをする方が時間が有効に使えるからです。
 また、一緒に寝泊まりすることによって、子供たちは友達との交流を通していろいろなことを学べるからです。

 中には、その合宿所で毎日の勉強をし、土日だけ家庭に帰るという子も出てくるかもしれません。そういう場合は、その合宿所が学校になります。
 普段の勉強は、自学自習とネットワークを利用した授業で先生や友達と交流しながらできるので、人里離れた合宿所を学校として毎日の勉強をしても全く差し支えないのです。

 そして、こういう形で勉強できれば、この森の学校オンエアは、一箇所だけでなくどこでも作れるようになります。
 将来は、森の学校の設立を希望する人には、これらのノウハウを教えることもしていく予定です。

 この森の学校オンエアは、日本の教育にとどまりません。
 東南アジアの子供たちの教育は、今はまだ旧来の教育形態で行われていますが、この森の学校オンエアというシステムを利用すれば、もっと能率のよい創造的な教育が行われるようになります。
 すると、日本やアジアの各地に広がるさまざまな森の学校の合宿所の間で、子供たちどうしの交流もできるようになると思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森の学校オンエア(2) オンエア講座(41) 合宿(14) 寺子屋オンエア(101) 言葉の森のビジョン(51) 

コメントフォーム

森の学校オンエアの未来教育構想 森川林 20161103 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20161103 1 
 未来の学校は、もっと楽しい場になると思います。
 勉強は自学自習中心に能率よく済ませ、遊ぶ時間がたっぷりあり、家族の対話があり、友達との交流があり、知識の詰め込みではなく創造性を育てる教育が行われ、それが日本だけでなくアジアや世界に広がっていくのです。


nane 20161103 1 
 こんなところに森の学校ができたらいいなあと思うのが中洞(なかほら)牧場のイメージ。
https://www.youtube.com/watch?v=HxL22HUAyrg
 これなら、子供たちはいつでも自由に牛に乗って遊べます。(牛って乗れるのか)


namura 20161104 10 
想像するだけでもワクワクしてきますね。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」