言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 アクティブ・ラーニングの効果と限界と今後の展望
▽ひとつ後の記事 教育の自由化とオンライン教育

 
これからの子育ての目標は、勝てる子ではなく、みんなを勝たせることのできる子  2017年1月2日  No.2779
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2779      




 車の運転では、視線の目標を遠くに持っておくと、運転がぶれません。視線が近くにあると、微調整が必要な気がして細かいハンドルさばきをするようになり、乗り心地が悪くなります。

 子育ても、遠くに目標を持っていれば滑らかな運転ができますが、そういう目標がないと、細かいことにいちいち注意をしたくなります。すると、子供はその運転を乗り心地悪く感じるようになるのです。

 経済が発展するインフレの時代には、目標は、物を広げることでした。その時代には、自分個人の利益を追求することが、そのまま社会全体の利益につながるという資本主義の論理が成り立っていました。
 物を売るマーケットをできるだけ広くしていくことが、個人にとっても、社会にとってもいいことだったのです。

 魚釣りの例で言うと、いい場所を見つけたら、その場所を誰にも教えず、特許などで参入障壁を作り、自分だけが大量の魚をとるというのが資本主義の精神でした。

 ところが、これからの社会はデフレの社会になります。それは、物を広げるよりも事を高める時代です。
 事を高める時代のマーケットは、単なる消費者のマーケットではなく、その事に関心を持つ人の小さなコミュニティになります。
 すると、そのコミュニティで、みんなに貢献し、みんなの手助けをしてあげる人が、このコミュニティを広げられるようになります。

 魚釣りの例で言うと、いい場所を見つけたら、みんなにそれを教えてあげような生き方です。
 そして、自分は、みんなのフィードバックを参考にしながら、更にいい場所を見つけるために自分を高めていくのです。

 これまでの子育ては、勝てる子を育てることが中心でした。
 しかし、これからは勝てるだけでなく、みんなを勝たせることのできる人が求められるようになります。
 これからは、こういう大きな目標のもとに子育てをしていくことが大事になるのです。

▽youtubeの動画
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメントフォーム

これからの子育ての目標は、勝てる子ではなく、みんなを勝たせることのできる子 森川林 20170102 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170102 1 
 これからの世の中の変化というのは、ただ変化するだけでなく、これまでよかったことが悪くなり、悪かったことが逆によくなるような質的な変化です。
 その変化の影響を最も受けるのは、未来の社会に生きる子供たちです。
 だから、子育てもそういう変化の先を見ていく必要があるのです。

nane 20170102 1 
 自分の利益追求よりも、コミュニティの利益追求という日本的な発想が、これからの社会では大事になります。
 それは、子育てだけでなく、ビジネスもまたそうです。
 更に言えば、それは日本の国全体がそうなっていくのです。


namura 20170103 10 
相手に気を配れることは大切ですね。

touko 20170112 77 
今、子どもがどうあることかより、どんな大人になって欲しいか、に焦点を当てて子育てを考える。。。今と違ったものが見えてきそうです。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」