記事 2779番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/28
これからの子育ての目標は、勝てる子ではなく、みんなを勝たせることのできる子
森川林 2017/01/02 17:06 


 車の運転では、視線の目標を遠くに持っておくと、運転がぶれません。視線が近くにあると、微調整が必要な気がして細かいハンドルさばきをするようになり、乗り心地が悪くなります。

 子育ても、遠くに目標を持っていれば滑らかな運転ができますが、そういう目標がないと、細かいことにいちいち注意をしたくなります。すると、子供はその運転を乗り心地悪く感じるようになるのです。

 経済が発展するインフレの時代には、目標は、物を広げることでした。その時代には、自分個人の利益を追求することが、そのまま社会全体の利益につながるという資本主義の論理が成り立っていました。
 物を売るマーケットをできるだけ広くしていくことが、個人にとっても、社会にとってもいいことだったのです。

 魚釣りの例で言うと、いい場所を見つけたら、その場所を誰にも教えず、特許などで参入障壁を作り、自分だけが大量の魚をとるというのが資本主義の精神でした。

 ところが、これからの社会はデフレの社会になります。それは、物を広げるよりも事を高める時代です。
 事を高める時代のマーケットは、単なる消費者のマーケットではなく、その事に関心を持つ人の小さなコミュニティになります。
 すると、そのコミュニティで、みんなに貢献し、みんなの手助けをしてあげる人が、このコミュニティを広げられるようになります。

 魚釣りの例で言うと、いい場所を見つけたら、みんなにそれを教えてあげような生き方です。
 そして、自分は、みんなのフィードバックを参考にしながら、更にいい場所を見つけるために自分を高めていくのです。

 これまでの子育ては、勝てる子を育てることが中心でした。
 しかし、これからは勝てるだけでなく、みんなを勝たせることのできる人が求められるようになります。
 これからは、こういう大きな目標のもとに子育てをしていくことが大事になるのです。

▽youtubeの動画
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定3月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメント欄

森川林 2017年1月2日 17時19分 1 
 これからの世の中の変化というのは、ただ変化するだけでなく、これまでよかったことが悪くなり、悪かったことが逆によくなるような質的な変化です。
 その変化の影響を最も受けるのは、未来の社会に生きる子供たちです。
 だから、子育てもそういう変化の先を見ていく必要があるのです。

nane 2017年1月2日 17時19分 1 
 自分の利益追求よりも、コミュニティの利益追求という日本的な発想が、これからの社会では大事になります。
 それは、子育てだけでなく、ビジネスもまたそうです。
 更に言えば、それは日本の国全体がそうなっていくのです。


namura 2017年1月3日 6時27分 10 
相手に気を配れることは大切ですね。

touko 2017年1月12日 20時11分 77 
今、子どもがどうあることかより、どんな大人になって欲しいか、に焦点を当てて子育てを考える。。。今と違ったものが見えてきそうです。

コメントフォーム
これからの子育ての目標は、勝てる子ではなく、みんなを勝たせることのできる子 森川林 20170102 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
めもやゆ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「めもやゆ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 2/27
「小学校最後の 森川林
 小学生の子供たちは、意外と純粋です。 2/27
読解問題の解き nane
 読解問題を解く力の基礎は、文章を読む力 2/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■アクティブ・ラーニングの効果と限界と今後の展望 1月1日
■謹賀新年――平成29年 1月1日
■今年も一年、ありがとうございました 12月31日
■近未来の作文指導は、構想図+音声入力+人工知能要約に 12月31日
■底辺を広げる勉強、高さを伸ばす勉強 12月30日
■学力は平均で、個性は一点集中で――これからの子育てで大事なこと 12月28日
■平成29(2017)年を迎えるにあたって 12月27日
■物を広める時代の教育から、事を高める時代の教育へ 12月26日
■10.29講演会のお礼動画、アマゾン11月中予約のお礼PDF、プラスα 12月25日
■創造性教育試案 12月24日
■本の予約やレビューや紹介、ありがとうございました 12月22日
■学力も個性もある子供たち 12月22日
■クリスマス会で絵を描く練習 12月20日
■作文は、読書や音読などの読む力をつける勉強と合わせて力がつく 12月19日
■作文の勉強も、みんなでやれば楽しくなる 12月17日
■教育の主導権は親が持つ――実力を育てる全身的な勉強を 12月14日
■勉強の目的――創造の時代に対応した勉強観を持つ 12月13日
■この数日で読んだ本 12月12日
■ネット教育の現状と今後の展望 12月8日
■12月7日講演会「勉強せずに学力をつける家庭教育のコツ」の内容 12月6日
■学歴インフレと個性 12月5日
■受験作文のオンエア特別講評終わる 12月5日
■暗唱検定の時間を7分以内とします――暗唱についての質問 12月2日
■本当に役立つ教育は、教えないこと、ワンテンポ遅れてあとからついていくこと 11月30日
■子供たちが、昼は自然の中で自由に遊び夜と朝は自主的に勉強する「森の学校オンエア」を企画中 11月29日
■創造性と勉強 11月28日
■小学校低中学年の読書は、ためになる本よりも、熱中できる本を中心に 11月24日
■難しい勉強と易しい勉強、大事な勉強と小事な勉強 11月23日
■未来の教育の可能性――豊かな自然のある田舎で日本語教育と国際教育 11月20日
■受験作文コースの生徒の作文特別講評は、毎週土曜日1030から 11月18日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。