秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文の勉強を好きにするのも嫌いにするのも教え方次第
▽ひとつ後の記事 国語力、読解力をつける作文教室――勉強の意欲は人と人との関わりの中で育つ

 
未来の作文環境は、電子出版、音声入力、立体作文  2017年1月31日  No.2808
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2808      




 言葉の森の講師が、電子出版に挑戦しました。
加点がもらえる受験小論文の書き方 Kindle版(339円)
 この本の内容は、言葉の森の中高生向けの作文指導のエッセンスです。入試で作文小論文試験がある人には、かなり役立つはずです。

 言葉の森では、今後、子供たちの文集作りに、この電子出版を生かしていきたいと思っています。
 作文の勉強の意欲付けには、未来の目標があることと、過去の蓄積があることの両方が大切です。

 検定試験やプレゼン作文発表会のような未来の目標があると、作文の勉強の励みになります。
 また、自分の書いたものが形として残って蓄積されていると、これもまた作文の勉強の励みになります。
 この蓄積感を持てるものの一つとして考えているのが電子出版です。

 今の電子出版は、ワードに書いた文章をそのまま出版原稿として使えるようになっています。
 登録の手続きなど、まだ複雑なところはありますが、将来はもっと簡単に誰でも自分の本を出せるようになります。

 日本には、万葉集の時代の昔から、庶民が日常的に詩を書いたり日記を書いたりする文化がありました。江戸時代には、手紙のやりとりもかなり頻繁に行われていました。
 そのため、現在でも、Twitterやfacebookやブログで、日本語の文章が流通する割合は世界的に見てもかなり多いようです。
 この電子出版に関しても、今後は日本語の占める割合が多くなるのではないかと思います。

 電子出版に合わせて作文を書くためには、毎週の清書の時間などに、作文をテキスト化しておく必要があります。
 しかし、普段の作文は、原則的に手書きです。
 というのは、手書きは自由度が高いので、思考を深めることに向いているからです。

 考えるときは手書きで、考えがまとまって書き上げるときはパソコンなどのテキスト入力で、という区別をしていくことが、これからの作文の書き方の基本になっていくと思います。

 手書きで考えるということを更に発展させると、手書きで構想図を書くという書き方になります。
 つまり、わざわざ文章化しなくても、短文を矢印でつなげるような形で書けば、短い時間で考えを深めることができるからです。

 テキスト化の方法は、現在はキーボード入力が主流ですが、将来は音声入力が普通に行われるようになってくると思います。
 音声入力を効率よく進めるためにも、文章化は、手書きの構想図とセットで考えていくようになります。

 そして、作文のもともとの目的から考えると、作文は必ずしも文章だけにこだわる必要はなく、画像や音声を入れた文章という立体的な表現が行われるようになってきます。
 これは、言葉の森がプレゼン作文発表会として行っている広義の作文の形です。

 このように、未来の作文は、大きく変化していきます。
 しかし、文章を書くことが、題材や表現や主題を創造的に表現することだという本質は変わりません。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
電子出版(0) 音声入力(10) 構成図(25) プレゼン作文発表会(20) 

コメントフォーム

未来の作文環境は、電子出版、音声入力、立体作文 森川林 20170131 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


nane 20170131 1 
 これからはfacebookやブログよりも、電子出版が多く人の表現手段になるのではないかと思っています。
 そういう時代に書き手にとって必要になるのが、構想図と音声入力と、文章以外の立体的な表現手段のデザイン力で、
 読み手にとって必要になるのが、超速読になるのではないかと思います。
 又は、テレパシー力かなあ(笑)。


jun 20170131 2 
kindle本、ご紹介くださり、ありがとうございます。電子出版は、少し敷居の高いところもありますが、一度クリアすれば何冊でも出版できるので、これからどんどん広がっていくのではないかと思います。

森川林 20170131 1 
 江戸時代の末期に、刀とちょんまげと交通手段としての馬がなくなると考えた人はほとんどいませんでした。
 この江戸から明治への移り変わりのようなことが、これから社会のあらゆる分野で起こってきます。
 作文も例外ではありません。
 こういう変化の時代に大事なことは、本来の目的を再確認することです。


2 20170131 2 
値段は、とても悩んだのですが、「桜咲く」ということで339円にしてみました。ページ数は少なめですが、情報量は多いです。

namura 20170201 10 
加点がもらえる受験小論文の書き方 Kindle版(339円)、早速買ってみます。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」