暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 考える勉強、発表する勉強
▽ひとつ後の記事 本当の学力をつけるなら読書

 
家庭で勉強させるコツ  2017年3月1日  No.2873
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2873      




 子供が小学校低学年のうちは、どういう勉強のさせ方をしても大差はありません。
 やること自体が簡単ですし、子供も素直なので、どういうやり方をしても力がつくのです。

 しかし、そういうやり方がそのまま高学年や中学生になっても通用するかというと、必ずしもそうではありません。
 それどころか、最初のやり方が悪いと、それが習慣になって、学年が上がるほどうまく行かなくなることがあるのです。

 例えば、その悪い例の一つは、勉強の量を時間で決めて長時間やらせることです。
 子供は、その決められた勉強時間を、できるだけ密度薄く、くたびれないようにこなす工夫をするようになります。
 それが、高学年になってからの、非能率の大きな原因になります。

 それよりも、勉強の量はページ数で決めて、終わったら自由に遊んでいいというようにするといいのです。
 すると、子供は集中して取り組みます。
 集中して取り組んで早く終わったら、追加の勉強などはさせずに、早く終わったことを褒めてあげるのです。

 小4までの勉強は、してもしなくてもどちらでも大して差が出ないほど基本的なものです。
 学校の勉強だけでも十分に間に合います。
 だから、この時期は、勉強の中身よりも、勉強に取り組む姿勢を育てることを中心にする時期なのです。

====
「家庭での自習のコツ」
https://www.mori7.com/index.php?e=2104 

 勉強の仕方には、コツがあります。
 よいやり方をすれば、親も楽で、子も楽しく勉強でき、しかも実力がつきます。
 よくないやり方をすれば、親もくたびれ、子も自信をなくし、しかも力がつきません。
 人間の能力は、もともと変わりません。ちょっとしたコツの違いだけなのです。

 自習のコツは、こんなふうに。

1、毎日やることを決めておき、子供が条件反射的に流れ作業でどんどんやれるようにします。
 だから、長文音読、長文暗唱、漢字暗唱、算数問題集、(英語音読)、問題集読書、読書など、分量をあらかじめ決めて、その内容が変わらないようにします。

2、しかし、分量は、親から見て、ちょっと少ないかと思うぐらいにします。
 だから、曜日によってやることを決めてもいいです。しかし、音読と読書は毎日必須です。

3、答えの丸付けは、子供本人がするようにします。×だったところは、自分で答えを見て理解するようにします。
 答えを見てもわからない場合、親が簡単に教えずに、参考になるページだけ教えて、できるだけ子供が自分で考えるようにします。
 だから、勉強は、子供が親に説明する時間がほとんどで、親が子供に何かを説明する時間はできるだけ少なくするようにします。

4、勉強の分量というのは、時間ではなく、ページ数です。時間で決めると、だらだら勉強する癖がつきます。
 分量を決めた場合、予定より早く終わっても、勉強の追加はしないようにします。追加をすると、やはりだらだら勉強するようになります。

5、子供に対する注意はできるだけせず、またからかったり、笑ったりもせず、上から目線で話したりもせず、いつも笑顔で明るく褒めて励ますようにします。

6、勉強の内容面については、親はできるだけ話をせず、子供が中心に話すようにしますが、長文に関する似た話は、親ができるだけおもしろおかしく自分の体験談でたっぷり話してあげるようにします。
 子供の話を引き出そうとするよりも、親が楽しく話をするように心がけます。両親だけで話が盛り上がって、子供が聞いているだけとなってもかまいません。
====
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭学習(92) 小学校低学年(79) 

 コメント欄

森川林 20170301 1 
 昔は兄弟がいて、上の子が下の子に勉強の仕方のコツを教えるようなことがよくありました。
 今は、母子二人だけで、どのくらい勉強させればいいのかというよりどころがないので、ついやりすぎてしまうことがあるのです。
 こういうときに必要になるのは、やはり同じような子育てを経てきた経験者の話です。


nane 20170301 1 
 低学年のうちの勉強は特に、難しいことをやる必要はありません。
 というのは、その難しさとは、例えば算数の場合でも、問題文の中に子供がふだん使わないような言葉が入っていて読み取りにくいというような難しさだからです。
 こういう問題ばかりやっていると、性格の悪い子になるのではないかと思います(笑)。


mae 20170309 9 
※これも覚書。特に2と5をしっかりとお伝えすること。
コメントフォーム

家庭で勉強させるコツ 森川林 20170301 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」