秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 学力の厚みを育てる高度なゆとり教育
▽ひとつ後の記事 参考書や問題集や辞書を選ぶとき

 
本好きな子がさらに本好きになる読書紹介  2017年7月6日  No.2982
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2982      



 思考発表クラブでは、授業の初めに読書紹介をしています。
 最初は、勉強に入る前のウォーミングアップのつもりではじめました。
 しかし、みんなが次々と自分の読んでる本を紹介するので、それだけでかなり時間を取るようになりました。
 これがなかなか面白いのです。

 本好きな子が多く、その子たちがそれぞれ自分の読んでいる本を紹介します。
 すると、それを聞いていた子が、その本に関心を持ち自分でも読んでみたくなります。
 よく、「先週、○○君が読んでいた本を、私も図書館で借りて読みました」などという話が出てきます。
 そういう良い循環が生まれています。

 子供は、親や先生の奨めた本よりも、友達の読んでいる本に関心を持ちます。
 特に、中学年、高学年はそうです。

 読書好きな子は、どの学校にもいます。
 しかし、学校生活の中で本好きな子供どうしが、読んだ方を紹介するというような機会はまずありません。
 本の好きな子供たちにとって、思考発表クラブは、読書の幅を広げるよい刺激になっているようです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
思考発表クラブ(0) 読書(95) 

コメントフォーム

本好きな子がさらに本好きになる読書紹介 森川林 20170706 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170706 1 
 読書に熱中できるというのは、大人にとっても子供にとっても生活に余裕があるからです。
 仕事や勉強に追われる生活からは、創造的なことは生まれません。
 特に子供時代は、読書に没頭できる時間があることが何よりも大切だと思います。


nane 20170706 1 
 子供たちの話し合いの中で驚くのは、どの子もほかの人たちへの思いやりを持って話していることです。
 小さな子に配慮して話すようなことが自然に行われています。
 何か、自分たちが子供のころと随分違うなあと思います。
 昔の子供は、道端で猫を見つけると必ず石をぶつけていましたが(笑)、今の子供はそういうことはまずしません。
 たぶん、人間性が進歩しているのだと思います。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」