秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 先細りする学力、先太りする学力
▽ひとつ後の記事 上達にいちばん時間のかかるのが作文――兄弟の上の子が作文が得意で、下の子が苦手な場合

 
理科や社会の教科書を読んでいるのに、テストができないという質問――本当の学力と錯覚の学力  2017年8月25日  No.3011
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3011      




 小学校3年生の懇談会で、次のような質問がありました。
「理科と社会の勉強をさせるために、『これでわかる』シリーズの参考書をしばらく読んいでたが、テストをやってみたら全然できなかった。やはり、問題を解く勉強をしたらいいのだろうか」
というものでした。

 理科や社会は、基本的には教科書を繰り返し読むことで自然に力が付きます。わざわざ問題を解くような形の勉強をする必要はありません。
 社会の場合は、特にそうです。教科書を読書代わりに繰り返して読んでいれば、勉強自体が面白いですし、それで自然に社会のテストもできるようになります。
 理科の場合は、計算の問題や図形的な理解の問題があるので、解き方を覚えるような問題を解く勉強はある程度必要です。しかし、基本はあくまでも教科書または参考書を読むということです。

 では、なぜ教科書や参考書を読んでいるのにテストができなかったかというと、それは読む回数が少なかったからなのです。

 この話と似ていますが、以前も、別の方から、「漢字集で漢字の暗唱はできるようになったが、テストをしてみると読めない漢字があった」という相談がありました。

 親や先生は、すぐにテストをして結果を評価したがりますが、勉強の基本は何度も繰り返し読むことで、その徹底した繰り返しのあとに、単なる仕上げの確認としてテストをするのです。

 繰り返しの回数が少ない状態でテストをすれば、できないものがあって当然です。
 そこで、テストができるように、テストの問題を解くような形の勉強すると成績は確かに上がります。
 しかし、そこでは本当の力はつきません。少なくとも、伸びしろのある学力はつきません。テストに出そうな問題を解く力がつくだけなのです。

 勉強の基本は読むことであって、問題を解くことではありません。
 ところが、今の子供たちの学習環境は、学校でも塾でも常にテストという形で評価されるので、まるでテストができることが勉強の中身のように思われてしまうのです。
 テストを勉強の目的とするのは、受験勉強のときだけでいいのです。

 そして、このテストをしてできなかったということを親が重要なこととして考えると、子供は自然にその教科に対する苦手意識を持ってきます。

 時々、謙遜の意味で、「うちの子は○○が苦手なんです」と言うお母さんがいますが、そういう言葉を聞くと、子供はその勉強が更に苦手になっていきます。

 ですから、親はその子が何かの分野で苦手だと思ったとしても、決してそれは口には出さずに、少しでもよくできている点を褒めて励ますようにしていくのです。

 そのためには、すぐにテストで結果を評価するのではなく、読む勉強を基本にして、できていることを褒め続けていくことです。
 問題を解く勉強ではなく、読む勉強を中心にすることによって、子供は楽しく実力をつけていきます。

 本や教科書や参考書を読んでいるうちに、自然にできるようになるのが、本当の学力です。
 テストに出そうな問題を練習して、そして、できるようにするのは錯覚の学力です。

 錯覚の学力は、短期的には成果が出るように見えますが、長期的には役に立ちません。
 受験前に本人が本気になれば、そういう学力は誰でもすぐにつくからです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 家庭学習(92) 

コメントフォーム

理科や社会の教科書を読んでいるのに、テストができないという質問――本当の学力と錯覚の学力 森川林 20170825 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


nane 20170825 1 
 小3や小4までは、親は子供の勉強を簡単に教えられます。
 やっていることは基礎のことばかりだからです。
 しかし、だからこそ、ここで親が教えるのではなく、子供が自分で解答を見て答え合わせをし、自分なりに納得する形の勉強をさせていく必要があります。
 親が登場するのは、生徒本人が、自分の力だけではわからない問題に遭遇したときだけです。
 子供の自立心を育てることが、あとになるほど生きてくるのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」