秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文は準備のときに考える――将来の目標は10分1000字作文(構想図の例付き)
▽ひとつ後の記事 国語力は忘れたころについてくる

 
作文は人に見てもらうことでうまくなる  2017年9月14日  No.3038
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3038      



 作文力の基礎は、読書力です。

 読書をしっかりしている子には、作文を書く力があります。

 しかし、それは潜在的に書く力があるということで、作文は、実際に書いてみなければ字数やスピードの感覚がつかめません。

 この作文を書く際の最も重要なことが事前の準備です。

 書く過程と同じぐらい準備という過程が大切なのです。

 準備とは、与えられた課題で何を書くか考え、両親など身近な人に取材して話をふくらませてくることです。

 感想文の場合は、もとになる長文を読んで理解しておくというのも準備に入ります。

 準備とは、作文を書くための材料集めといってもよいでしょう。
 材料がそろっていれば、作文は半分書けたのと同じです。


 作文を書く準備としての構造図を書く練習は、現在思考発表クラブで行っています。

 最近思ったのは、ここで書く子供たちの構想図がもとても充実しているということです。

 これは構想図をお互いに発表し合うので、自然によい内容のものを書こうと思うようになるからだと思います。

 しかも、その見てくれる人が同じぐらいの学年の子で、いずれも好意的な目で見てくれるというところがいいのです。

 作文も、人に見てもらうことよって上達しますが、構想図も人に見てもらうことによって上達すると思いました。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
思考発表クラブ(0) 構成図(25) 作文教育(134) 

コメントフォーム

作文は人に見てもらうことでうまくなる 森川林 20170914 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170914 1 
 作文は、ほかの勉強と違って○や×がつくものではありません。
 だから、意欲的に書くかどうかということが上達の重要な条件になります。
 書く練習を続けていれば、誰でも上達はするのですが、意欲がそれを加速する度合いがきわめて大きいのです。
 その意欲を持てるかどうかは、その子の書いた作文を好意的に見てくれる人がいるかどうかということに左右されます。
 最近思ったのは、作文を書く前の準備の段階でも、人に見てもらうことができるということでした。


nane 20170914 1 
 子供たちの読書紹介や構想図の発表会などを見ていて思うのは、どの子も優しいなあということです。
 必ずと言っていいほど、ほかの子の発表のいいところを評価するような発言をしているのです。
 みんな、素直に育っているのだと思います。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」