暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 呼んでもなかなか来ない犬がやっと来たときに、「早く来なきゃだめでしょ」と叱るのではなく、「遅かったけどよく来たね」と褒めるのが褒めて直すコツ
▽ひとつ後の記事 小学生のみなさんと、新しく中学生になるみなさんへ(生徒保護者向け記事)

 
世界中の子供たちとgoogle翻訳で日本語作文発表会――その前に英語作文発表会  2018年3月7日  No.3229
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3229      




 寺オン自主学習クラスの小4以上のクラスで、英語暗唱が上手にできるようになったら、英作文発表会をしたいと思っています。

 それは、どうするかというと、自分の作文をgoogle翻訳にかけるのです。
 ほんの少し前までは、google翻訳はあまり使い物になりませんでした。
 しかし、人工知能というか深層学習の成果で、今はかなり正確に日英翻訳ができるようになっています。

 この翻訳の仕組みは、音声認識の仕組みと同じで、単語や文法を一つずつ判断して翻訳しているのではありません。
 言葉や音声の群全体をとらえて、そういう群にあてはまりそうな文章をあてはめているという感じなのです。

 だから、意外なところで誤変換があります。
 例えば、珍しい固有名詞は、うまく認識できません。
 また、翻訳では、「……ならなくなります」というような微妙な否定文を肯定文に変えてしまうことがあります。
 しかし、これらも学習する文章が増えるにつれて次第に改善していくと思われます。

 では、今のgoogle翻訳の水準で、どうやって日本語を正しい英文にするかというとそれは次のようにやるのです。
 まず、日本語の作文をGoogle翻訳で英文にします。
 次に、その英文をもう一度Google翻訳で日本語に変換します。
 すると、最初に入れた日本語と異なる部分が出てきます。それはGoogle翻訳がうまく翻訳できなかったところですから、元の日本語を正しく翻訳しやすいように変えてあげるのです。

 そのようにして、最初の日本語の作文と、変換したあとの英語の作文と、再度変換したあとの日本語の作文を比べれば、途中の英語の作文は正しく翻訳されたと見て差し支えないレベルまで洗練されていきます。

 その英作文を暗唱してスピーチをするのです。

 一方、世界には日本語を勉強したい外国人の子供たちも増えています。例えば、ベトナムでは小学校の段階から、日本語が第一外国語として教えられるようになっています。
(「日本語が「第1外国語」に ベトナムの小学校で東南アジアで初」)
 それは、単に経済上の理由からだけでなく、日本の文化に関心が持たれているからだと思います。

 その日本語を学ぶ子供たちが、自分の国の言語で作文を書き、その作文をGoogle翻訳で日本語に直し、その日本語を暗唱し日本語作文スピーチを行います。

 Google翻訳を使う作文発表会ですから、言語は日本語と英語に限りません。
 日本語と中国語、日本語とスペイン語、日本語とポルトガル語など、いろいろな言語を話す子供たちと作文発表会を通して交流することができるようになります。
 これで、世界中のさまざまな言語を話す子供たちが、Zoomで多言語作文発表会を行うのです。


 さて、言語は、これまで伝達のツールとして考えられてきました。そのツールを身につけるのが、英語教育でした。
 伝達の言語として世界的に使われている英語は、世界のグローバル化によって更にツールとしての必要性を増しています。
 これまでは、だから世界に通用する言語としての英語学ばなければいけないのと考えられていました。

 しかし、ツールは必ず人間の手足から離れて機械化されていきます。
 google翻訳のような外部化されたツールが自由に使われるようになれば、言語のもうひとつの面が重要になってきます。

 それは伝達のツールとしての言語ではなく、教育のツールとしての言語あるいは人間形成のツールとしての言語です。

 日本語は、世界でもほとんど唯一の母音言語であるために、幼児期から日本語を使っていると、自然界の音を左脳で受け止めるようになります。それが、日本人が虫の声や鳥の声や風の音に心を動かされる理由です。
 この教育のツールは、機械で代替することはできません。なぜなら、それは肉体化というものが習得の基礎になっているからです。
 教育としての言語は、外側にあるツールではなく内側に組み立てるツールなので、時間をかけて身につけることしかできないのです。

 だから、これからは英語教育というひとつの言語に限った教育ではなく、言語全体の教育として日本語も英語も中国語も学び、その一方で教育の言語であり人間形成の言語でもある日本語を確実に学ということが必要になってくるのだと思います。


 このように、普段私が思っていることと同じようなことを井口さんがブログに書いていました。
 井口さんの話は、説得力があるので、ぜひ読んでいただければと思います。

▽英語論争、藤原正彦vs谷山雄二朗:俺も参戦!?「やはり日本語教育が一番さ!」
https://quasimoto2.exblog.jp/238374487/
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
英語教育(10) 外国人と日本語(4) 寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20180307 1 
 世界中の子供たちが、自分の国の言語を使いながら日本語で交流できるという話は、今は夢のように思われていますが、そのうちあたりまえのことになってきます。
 例えば、私が子供のころは、自動ドアなどは夢のような話で、思いつきもしませんでしたが、というか必要性も感じていませんでしたが、今は普通のことになっていて、手で開けるドアには不便さを感じるようにさえなっています。
 ツールの普及は、いったん始まると早いのです。
 英語作文も、音声入力作文も、オンライン作文少人数クラスも、やがて普及して、すぐに時代遅れになります。
 だから、私たちの目は、そのツールの普及の先にあるものを見る必要があります。
 それが、創造性を育てる作文教育です。


nane 20180307 1 
 「ZOOM革命」の田原さんが、やがてZoomに自動翻訳機能が搭載されるようになるだろうということを述べていました。
 私も、それはかなり早くそうなるだろうと思います。
 そして、今の音声認識の精度と言語翻訳の精度を見ると、すぐに実用に使えるレベルになると思います。
 すると、ますます伝える中身が重要になってきます。
 その中身とは、ひとことで言えば、創造性のある中身かどうかということなのです。
 この創造性が、これからの教育の最重要テーマになると思います。
コメントフォーム

世界中の子供たちとgoogle翻訳で日本語作文発表会――その前に英語作文発表会 森川林 20180307 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」