小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」
 2016年12月発売 第6刷 40,000部。
つづきを読む
△ひとつ前の記事 森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 5 「子供たちの音読長文を作る『オープン長文』運動」
▽ひとつ後の記事 現在、netサーバーが停止中

 
国語の苦手な子が国語力をつけるには易しい読書、国語の得意な子が国語力を伸ばすには難しい読書(facebook記事より)  2012年3月15日  No.1487
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1487      





 国語の苦手な子は、
 まず易しい読書から。
 国語の得意な子は、
 もっと難しい読書へ。

 国語力は、あらゆる教科の基礎と言われています。

 それは、人間が考えるということが言葉によるもので、母語である日本語の力が思考力となっているからです。

 だから、国語の苦手な子が国語力をつけるには、その子が面白いと思える易しい本をまず読むことです。

 読書には、人を引き付ける力があるので、最初は強制的に読むようにしていても、続ければ必ず読書が好きになってきます。

 そのためには、読書は面白いことが第一ですから、易しい本をどんどん読んていくことです。(ただし、雑誌や漫画や図鑑などではなく、ひとまとまりの文章が書いてあるもの)

 一方、国語が得意な子が国語力をもっと伸ばす方法も読書です。

 この場合は、難しい読書で、その子の興味のある分野で、説明文や意見文の本を読んでいくのです。


 そこで、今日のテーマは、易しい本、難しい本。

1、易しい本、難しい本についてひとこと、
 又は、
2、「や、さ、し」又は「むず、か、し」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 ところで、日本には、小学校高学年から中学生、高校生が読むのにふさわしい説明文のいい本がなかなかありません。

 「ちくま少年図書館」の100冊のシリーズは、力作ぞろいでしたが、図書館を利用しないと読む機会がありません。

 そこで、次善の策としてすすめるのが、入試問題集の問題文を読書がわりに読むことです。

 国語力のある子は、こういうレベルの文章を楽しんで読みます。

 大学生になったら、古典です。岩波文庫に載っているような本、つまり、教科書で名前だけは知っているという古今東西の名著を読んでいくことです。

 国語力は、国語のドリルを解くようなやり方では身につきません。

 国語の得意な子は、国語の勉強などはせずに、ただ難しい本を楽しく読んでいるだけなのです。


 それでは、今日も楽しい読書をしながら、いい一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 読書(95) 

コメントフォーム

国語の苦手な子が国語力をつけるには易しい読書、国語の得意な子が国語力を伸ばすには難しい読書(facebook記事より) 森川林 20120315 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


ちゃくちゃく 20120315  
小学校高学年から、中高生向きのいい本が少ないとおっしゃるのには全く同感です。うちの子供も合う本が探せない時期があり、学校の図書担当の先生に相談したのですが、ルビつきの海外の小説を1冊紹介されただけで終わってしまいました。大人向きでも内容の健全なものは少しづつ読んできましたが、やはり親の好みに似てきてしまうのと、流行ものの誘惑があり、自分でいい物を探すのは大変そうです。
先日、目黒区八雲の図書館に行ったら割と広いYAコーナーがあり、子どもは目を輝かせていました。

森川林 20120316  
 ちゃくちゃくさん、コメントありがとうございます。
 図書館の利用というのは大事ですよね。
 特に、日本の家屋はスペースがないので、家のなかに本を置く場所がありません。しかし、大きな図書館は車でないと行けないところなどにあります。もっと小さな図書館を住民の手であちこちに作るといいのだと思います。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」