参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定7月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 
△ひとつ前の記事 全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方1
▽ひとつ後の記事 オンラインクラスの12.4週の発表会について

 
個別の電話指導がある通信の作文  2019年12月16日  No.3946
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3946      



個別の電話指導がある通信の作文

 一斉授業で作文の書き方を説明する授業では、それぞれの子の作文の得意や苦手に対応できません。
 一人ひとり個別の電話指導があるから、個人個人の力に応じた作文の勉強ができます。
 作文の勉強の基準は、単なる赤ペン添削ではなく、口頭による直接の個人指導があることです。

国語読解力がつく作文感想文指導

 国語読解力は、国語のドリルをいくらやっても身につきません。
 文章を読み、その文章に対する感想文を書くことによって、書かれている内容を深く理解し自分の言葉で考えることができるようになります。
 国語読解力は、感想文を書くことによってつくのです。

Zoomオンライン作文は提出率99%

 通信教育の作文は、提出率が低くなるものですが、オンライン作文はそうではありません。
 提出率は、全員が毎回ほぼ100%です。
 それはオンラインクラスで、みんなのいる中で一斉に作文を書き始めるので、誰でも書けるようになるからです。

小1から高3まで一貫指導の作文

 小学生で書く作文が、小学生の間しか通用しないのでは、もったいない勉強の仕方です。
 小学生のときにつけた作文の力が、中学生にも高校生にもつながり、大学入試の小論文にもつながるような一貫した作文指導が本当の作文指導です。
 小学1年生から始めて高校3年生まで作文の勉強が続けられるのが言葉の森の特徴です。

作文の勉強は実力がつく専門塾で

 出来合いの作文教材で勉強しても、最新の作文の傾向はつかめません。
 言葉の森の作文教材は、すべてオリジナルのものなので、その時代にあった最新の作文指導ができます。
 作文は、作文指導の専門塾で学ぶのが最も力のつく勉強の仕方です。

添削より予習で力がつく受験作文

 赤ペン添削では、作文は上達しません。
 どれだけくわしく添削されても、その添削を生かす指導がないからです。
 作文の力は、事前の予習によって身につきます。
 一人ひとりに合った事前指導ができる作文の勉強でなければ受験対応の作文を書く力はつかないのです。

高い合格実績のある通信作文教室

 言葉の森の受験作文指導は、全国の志望校の過去問に合わせた指導をしています。
 受験作文は、一般的な作文の力をつけても対応できません。
 さまざまな傾向に合わせた1,500題以上の作文の模範解答をもとに個別対応の作文指導をしています。

読書が好きになるオンライン作文

 読書の習慣は、友達と一緒に読書紹介をする中で身につきます。
 オンライン作文では、毎週全員が読んでいる本の紹介をする時間があります。
 友達の前で読書の紹介をし、質問や感想を述べるだけで自然に読書の習慣がついてくるのです。

作文が苦手な子でもすぐに書ける

 言葉の森の作文指導は、とんなに作文が苦手な子でも書き出すことができます。
 それは独自の事前指導を行っているからです。
 どうしても書けない場合でも、教室に電話をすればその対応の仕方を説明します。

国語力がつく小1からの読解検定

 読む力があっても解く力がなければ、国語の点数は上がりません。
 国語の問題は感覚で解くのではなく、理詰めに解く必要があるのです。
 言葉の森の小1から高3までの読解検定を利用すると、国語の読解問題を解くコツが確実にわかります。
 参考図書は、「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

 コメント欄

森川林 20191216  
 言葉の森の作文指導は、担当の先生による電話の個別指導が特徴です。
 担当の講師が、口頭で一人ひとりの生徒に説明をするような作文教室はあまりないと思います。
 オンラインクラスは、口頭での個別説明の時間が短くなりますが、その代わり全員の予習発表と作文実習と読書紹介の時間があります。
 このオンラインクラスのような作文教室は、今のところどこにもないと思います。


nane 20191216  
 言葉の森の作文指導の特徴は、事後の添削よりも、事前の指導に力を入れていることです。
 よく、「先生の添削や講評を見ようとしないのですが」という質問を保護者の方から受けますが、それは特に見なくてもいいのです。
 添削や講評は、先生が電話指導の中で、その週の作文を書くときの説明として行うからです。

コメントフォーム

個別の電話指導がある通信の作文 森川林 20191216 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」