記事 3946番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/8/14
個別の電話指導がある通信の作文
森川林 2019/12/16 09:04 

個別の電話指導がある通信の作文

 一斉授業で作文の書き方を説明する授業では、それぞれの子の作文の得意や苦手に対応できません。
 一人ひとり個別の電話指導があるから、個人個人の力に応じた作文の勉強ができます。
 作文の勉強の基準は、単なる赤ペン添削ではなく、口頭による直接の個人指導があることです。

国語読解力がつく作文感想文指導

 国語読解力は、国語のドリルをいくらやっても身につきません。
 文章を読み、その文章に対する感想文を書くことによって、書かれている内容を深く理解し自分の言葉で考えることができるようになります。
 国語読解力は、感想文を書くことによってつくのです。

Zoomオンライン作文は提出率99%

 通信教育の作文は、提出率が低くなるものですが、オンライン作文はそうではありません。
 提出率は、全員が毎回ほぼ100%です。
 それはオンラインクラスで、みんなのいる中で一斉に作文を書き始めるので、誰でも書けるようになるからです。

小1から高3まで一貫指導の作文

 小学生で書く作文が、小学生の間しか通用しないのでは、もったいない勉強の仕方です。
 小学生のときにつけた作文の力が、中学生にも高校生にもつながり、大学入試の小論文にもつながるような一貫した作文指導が本当の作文指導です。
 小学1年生から始めて高校3年生まで作文の勉強が続けられるのが言葉の森の特徴です。

作文の勉強は実力がつく専門塾で

 出来合いの作文教材で勉強しても、最新の作文の傾向はつかめません。
 言葉の森の作文教材は、すべてオリジナルのものなので、その時代にあった最新の作文指導ができます。
 作文は、作文指導の専門塾で学ぶのが最も力のつく勉強の仕方です。

添削より予習で力がつく受験作文

 赤ペン添削では、作文は上達しません。
 どれだけくわしく添削されても、その添削を生かす指導がないからです。
 作文の力は、事前の予習によって身につきます。
 一人ひとりに合った事前指導ができる作文の勉強でなければ受験対応の作文を書く力はつかないのです。

高い合格実績のある通信作文教室

 言葉の森の受験作文指導は、全国の志望校の過去問に合わせた指導をしています。
 受験作文は、一般的な作文の力をつけても対応できません。
 さまざまな傾向に合わせた1,500題以上の作文の模範解答をもとに個別対応の作文指導をしています。

読書が好きになるオンライン作文

 読書の習慣は、友達と一緒に読書紹介をする中で身につきます。
 オンライン作文では、毎週全員が読んでいる本の紹介をする時間があります。
 友達の前で読書の紹介をし、質問や感想を述べるだけで自然に読書の習慣がついてくるのです。

作文が苦手な子でもすぐに書ける

 言葉の森の作文指導は、とんなに作文が苦手な子でも書き出すことができます。
 それは独自の事前指導を行っているからです。
 どうしても書けない場合でも、教室に電話をすればその対応の仕方を説明します。

国語力がつく小1からの読解検定

 読む力があっても解く力がなければ、国語の点数は上がりません。
 国語の問題は感覚で解くのではなく、理詰めに解く必要があるのです。
 言葉の森の小1から高3までの読解検定を利用すると、国語の読解問題を解くコツが確実にわかります。
 参考図書は、「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

森川林 2019年12月16日 11時1分  
 言葉の森の作文指導は、担当の先生による電話の個別指導が特徴です。
 担当の講師が、口頭で一人ひとりの生徒に説明をするような作文教室はあまりないと思います。
 オンラインクラスは、口頭での個別説明の時間が短くなりますが、その代わり全員の予習発表と作文実習と読書紹介の時間があります。
 このオンラインクラスのような作文教室は、今のところどこにもないと思います。


nane 2019年12月16日 11時8分  
 言葉の森の作文指導の特徴は、事後の添削よりも、事前の指導に力を入れていることです。
 よく、「先生の添削や講評を見ようとしないのですが」という質問を保護者の方から受けますが、それは特に見なくてもいいのです。
 添削や講評は、先生が電話指導の中で、その週の作文を書くときの説明として行うからです。


コメントフォーム
個別の電話指導がある通信の作文 森川林 20191216 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
そたちつ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「そたちつ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
ポストコロナ時 nane
 夏オンの今回の算数小6は難しい問題集に 8/11
ポストコロナ時 森川林
勉強は、同じぐらいの学力の子と一緒にやっ 8/11
「考える社会」 森川林
これから定期的にyoutubeに動画をア 8/10
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方1 12月15日
■受験作文コースの生徒対象――志望理由書1回無料添削(再掲) 12月14日
■12.2週、及び12.3週の授業の資料をアップロードしました 12月13日
■学校に行かない子も活用できる自主学習クラス 12月13日
■勉強の能率を上げ、生徒どうしの交流を生かす自主学習クラス――新しいオンライン教育4 12月12日
■【合格速報】関西学院大学理工学部生命医化学科 12月10日
■20年以上前の生徒の作文が載っている「作文の丘から」 12月10日
■12.2週のプレ受験コースの課題アップロード 12月9日
■新しい読解練習の方法――間違えた理由を文章として書かせる 12月9日
■創造力、思考力、発表力などの見えない本当の学力を育てる創造発表クラス――新しいオンライン教育3 12月6日
■読解力低下の原因と対策 12月4日
■発表と質問感想で勉強が進むオンラインの作文クラス――新しいオンライン教育2 12月3日
■新しいオンライン教育――人間の触れ合いのあるオンラインがリアルな教育を超える 12月2日
■読解力は、読む力と解く力の足し算 11月30日
■「ざんねん」は物事の裏側 11月29日
■12.1週の授業の資料をアップロードしました 11月28日
■日本語と英語の暗唱教育――日英暗唱クラスの計画 11月27日
■作文は究極のアクティブラーニング 11月26日
■読解検定11月実施中――今回は学年によって問題が難しかったようです 11月25日
■小学生の「工作」の本をSTEM教育のうちのエンジニアリングの基礎として 11月23日
■本日から読解検定。問題が届いていない人は到着後答えの送信を 11月22日
■自主学習のすすめ 11月21日
■穴埋め式ドリルでは力がつかない 11月20日
■11.4週の資料をアップロードしました 11月19日
■提出率99%の作文通信教育 11月19日
■面白い理科実験とアクティブラーニング 11月18日
■作文は予習によって力がつく 11月16日
■社会人のための文章講座――書くことに自信のある方もない方も自分のペースで学習できる 11月15日
■アクティブ・ラーニングは、点数の評価はしにくいが、人間による評価は自ずからできる 11月14日
■11.3週の授業の資料を資料室に入れました 11月13日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。