小学1年生から始める親子作文/寺子屋オンライン
つづきを読む
△ひとつ前の記事 勉強の枠組みを作る(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 教育とゲーミフィケーション

 
勉強は自分で学ぶ時代(facebook記事より)  2013年1月8日  No.1707
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1707      





 勝海舟は、貧しかったために英語の辞書が買えず、知人から借りた辞書を全部書き写しました。
 しかも、日中の仕事が終わってからの夜だけの作業でした。
 やっと書き写し終えた1冊は売って家計の足しにし、自分用にもう1冊書き写しました。
 海舟の自伝である「氷川清和」に、そんな話が載っています。

 今だったら、辞書をコピーするだけでも大変だと思うところですが・・・・・・。

 それに比べると、現代は自分で学ぶための機会が豊富にそろっています。
 例えば、ヤフーにも、グーグルにも英文翻訳のページがあります。
 また、英文のカタカナでの読み方を教えてくれるページもあります。
 これらのページを利用すれば、いくらでも自分にとって必要な勉強をすることができます。

 勉強は、もう人に教えてもらうものではなく、自分で学ぶものになっているのです。

 足りないのは、海舟が行ったような燃えて学ぶ気概です。

 だから、これからの教育で最も大事なことは、自分で学ぶという姿勢を子供のころから作っておくことです。
 勉強そのものよりも、勉強を楽しむ姿勢を作っておくことが大事なのです。



 今日はさわやかな青空。

 春の七草という言葉を聞くと、春がもうすぐそこまで来ている感じがします。

 それでは、今日も、いい一日をお過ごしください。

言葉の森の受講案内  無料体験学習受付中
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 英語教育(10) 家庭学習(92) 勉強の仕方(119) 

 コメント欄
コメントフォーム

勉強は自分で学ぶ時代(facebook記事より) 森川林 20130108 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」