△ひとつ前の記事 35年間の実績をふまえた言葉の森の全く新しい「オンライン作文少人数クラス」がスタートします
▽ひとつ後の記事 みんな知らない子どうしなのに楽しく進む発表交流会

 
作文と面接で受験できる都立中高一貫校の白鴎高附属中、立川国際中。倍率は2倍。条件は海外在住2年以上、帰国後2年以内  2018年1月21日  No.3145
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3145      




■海外で暮らすときも、日本語が学力の基礎という前提を忘れずに

 どこの国の人も、生まれつきの母語をもとにしてものごとを考えます。
 日本の子供は、日本語で考えたときに、最も深く考えることができます。
 小中学生のころは、考える内容がそれほど深くないので、どの言語も同じように使えます。
 しかし、その使い方は、主に伝達の道具としての使い方です。
 言葉には、伝達の道具としての役割とともに、思考の道具としての役割があります。
 学年が上がり高校生以上になると、日本語の力という思考力がそのほかの学力の基礎となっていきます。
 ですから、日本語力は、常に勉強の前提として育てておく必要があります。
 その日本語教育の方法は、日本語を話す友達や先生と、日本語を使って自分の好きな勉強を学ぶことです。
 そのひとつが、言葉の森のオンライン作文少人数クラスです。

■海外帰国子女枠での受験という見通しを持った勉強を小学1年生から

 都立の中高一貫校で人気の高い白鴎高附属中と立川国際中は、海外帰国子女枠の入試を行っています。
 受験の条件は、海外在住2年以上、帰国後2年以内ですから、該当する可能性のある人は多いと思います。
 しかも、一般枠が全教科の受験であるのにに対して、海外帰国子女枠の試験は作文と面接だけです。
 また、一般枠では5倍から7倍の倍率であるのに対して、海外帰国子女枠の倍率はわずか2倍です。
 このような海外帰国子女の生徒を対象にした受験は、ほかの都府県の公立、私立の学校にも広がっています。
 また、中学入試だけでなく、高校入試や大学入試でも同じような形の試験が増えています。
 海外在住で今後帰国する予定のある方は、将来の受験の見通しを立てて準備を進めていくことが大切です。
 その準備は、都立中高一貫校の試験にもあるように、日本語の作文力と面接力を育てていくことです。
 この作文と面接の勉強を、小学1年生から楽しい勉強として取り組めるのが、言葉の森のオンライン作文少人数クラスです。

■作文力だけでなく、読解力、面接力もつく言葉の森のオンライン作文指導


 これからの受験勉強は大きく変わります。
 従来の知識の詰め込みと、その再現力を評価するような試験は次第に少なくなり、読解力、思考力、作文力などを重視した総合的な学力を評価するものになっていきます。
 言葉の森の作文指導は、長文を読んで感想文を書く形の読解力をつける練習を兼ねています。
 また、作文の準備として親子の対話を勉強の一部として重視しています。
 更に、オンラインの少人数クラスでは、先生と生徒とのやりとりだけでなく生徒どうしの発表や意見の交換ができるようにしています。
 このような読解、対話、作文、発表という勉強を毎週続けることによって、読解力、作文力、面接力が自然に育っていきます。
 これらの学力が、小学1年生からの楽しい勉強として進めていけるところに、言葉の森の作文指導の特徴があります。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンライン作文(2) 受験作文小論文(89) 帰国子女(12) 

 コメント欄

森川林 20180121 1 
 海外にいる日本人の子供にとって、日本語環境の不足と、帰国後の受験は心配の種だと思います。
 それを同時に解決するのが、小学1年生から参加できるオンライン作文の少人数クラスです。
 しかも、生徒どうしの質問や感想のやりとりなどを取り入れるので、海外帰国子女受験によくある面接試験にも対応できます。
 ただし、教える先生のほとんどが今は日本国内なので、当面は時差の少ない東南アジアにいる日本の子供たち向けのクラスになります。
 海外で森林プロジェクトの作文講師資格講座を受講する人が増えれば、時差のあるヨーロッパやアメリカでもオンライン作文の少人数クラスを開けるようになると思います。


nane 20180121 1 
 海外のオンライン作文少人数クラスは、当面、日本人の子供たちが対象ですが、オンラインクラスには誰でも参加できるので、将来は、日本語を学びたい現地の外国人の生徒も対象になります。
 そして、夏休みなどは、那須合宿所のサマーキャンプに一緒に参加してもらうのです。
 その前に、2020年のオリンピックに向けて、オンライン作文で一緒に勉強している生徒の家族どうしが(気心が知れてくるので)、「じゃあ、日本に来るときは、家に泊まったら」というようになるかもしれません。

コメントフォーム

作文と面接で受験できる都立中高一貫校の白鴎高附属中、立川国際中。倍率は2倍。条件は海外在住2年以上、帰国後2年以内 森川林 20180121 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」