△ひとつ前の記事 未来の作文環境は、電子出版、音声入力、立体作文
▽ひとつ後の記事 いつの間にか春が来るように、いつの間にか勉強ができるようになっている

 
国語力、読解力をつける作文教室――勉強の意欲は人と人との関わりの中で育つ  2017年2月1日  No.2809
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2809      




 言葉の森は、作文専科の作文教室を35年間続けてきました。だから、作文指導の難しさというものがよくわかっています。

 最近、受験に作文が増えてきたために、学習塾や通信教育で作文講座を開くところも増えてきました。
 しかし、そういう新しい作文教室は、言葉の森がもうとっくに通り過ぎてきたところに力を入れているように思えるときがあります。

 その一つは、作文の大切さを力説していることです。例えば、考える力がつく、入試で記述力が問われるようになる、などです。
 もちろん、大切さを説くのはいいのです。しかし、本当はもっとその先を行く必要があるのです。

 では、その先はどこかというと、それは、意欲的に作文の勉強を続けさせる工夫です。
 作文の大切さということをいくら言っても、作文の勉強のように苦しいことは子供はなかなかやりたがりません。
 入試に作文試験があるという場合は、子供も意欲的なので教えやすいのですが、そういう目標がないところで、小中学生に作文を教えるというのはかなり工夫が必要です。

 その工夫の一つは、先生との関わりを強めることです。それが毎週の電話指導です。電話指導をきっかけに作文を書くスタイルができれば、提出が滞るということは少なくなります。

 また、近年は、電話指導以外に、オンラインで先生やほかの生徒との交流ができる企画も並行して行っています。それが、オンエア講座やプレゼン作文発表会です。
 また、このオンラインの講座を生かして、国語力以外に子供の学力の重要なもう一つの要素である理数力の指導も受けられるようにしています。

 新しい作文教室が力を入れて宣伝しているもう一つは、小学校低中学年の子供たちの成果を強調することです。
 例えば、スラスラと書けるようになった、いろんな知識が身についた、などです。もちろん、低中学年で成果が上がるのはいいのです。しかし、本当はもっとその先を行く必要があるのです。

 小学校低中学年の成果の先にあるものは、真の実力をつけることです。
 真の実力とは、小学校高学年、更には中高生になってからの高度な説明文、意見文、論説文を書く力です。

 そのために、言葉の森では、作文指導の土台となる国語力、読解力の育成に力を入れています。
 その一つが、暗唱検定や音読の自習や国語問題集読書などで読む力をつける指導です。

 また、オンエア講座などでは、作文の予習のやりやすくするために、次の週の作文の解説を行い、それをもとに家族で作文の課題についての対話ができるような工夫をしています。


 このような工夫をしている結果、言葉の森の作文課題の提出率は現在94パーセントになっています。小学生から中学生までの生徒の毎週の作文課題の提出率ですから、通信教育のわりにはかなり高いと思われると思いますが、本当はこれでも不十分です。
 提出率は、風邪や旅行で休んだ以外はすべて100パーセント提出できるのが本来の姿です。

 誰でも経験があることだと思いますが、人間は、一度でもさぼると、あとはずるずると全部さぼってしまうという傾向があります。
 だから、課題提出率が90パーセントを切っていたら、それは10回に1回は提出しなかったといことですから、親が言わなければやらないレベルに近づいているということです。

 言葉の森では、今後、この課題提出率を100パーセントにすることを目指して、これからの指導に取り組んでいきたいと思っています。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 作文教育(134) 国語力読解力(155) 読解力(0) 

 コメント欄

森川林 20170201 1 
 作文指導が難しいのは、教えるところではありません。
 子供に意欲的に書かせるところが難しいのです。
 だから、ここで、子供と先生やほかの友達との人間的な関わりが必要になるのです。


nane 20170201 1 
 作文の課題提出率は100パーセントが基本です。
 もちろん、風邪で休んだり、旅行で休んだりしたときは休んでいいのです。
 しかし、うやむやのうちにやらなかったという日が1日でもあると、あとはずるずると休み続けるとなることが多いのです。
 だから、課題提出率が80パーセント程度というのは、親が口うるさく言ってやっとやらせているレベルです。
 ちなみに、言葉の森は94パーセント。まだまだ不十分です。


namura 20170202 10 
楽しく書くからこそ提出率も高いのですね。中高生でも忙しい中、しっかり提出している生徒さんが多いです。
コメントフォーム

国語力、読解力をつける作文教室――勉強の意欲は人と人との関わりの中で育つ 森川林 20170201 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」