△ひとつ前の記事 言葉の森の教材を使って自宅で作文を教える「森林プロジェクト」の作文講師資格講座
▽ひとつ後の記事 四行詩の世界

 
小4からの英語暗唱講座を企画中  2017年4月8日  No.2908
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2908      




 暗唱検定に合格する生徒が増えてきました。
 ほぼ3ヶ月で1000字の文章を丸ごと暗唱してしまうのです。

 この日本語暗唱で培った暗唱力と暗唱のコツを、英語の文章の暗唱にも生かしていくことができます。
 英語の暗唱は、これまで中学生からの英語の教科書で行うようにすすめていましたが、今度は小学生から英語の暗唱に取り組めるようにする予定です。

 小学4~6年生の英語学習の利点は、聞き取りと発音が、中学生になってからよりも自然に身につくことです。
 中学生から英語は、文法の学習なども含めた知的なものですが、小4からの英語はもっと感覚的なものが中心になります。

 小3までは日本語の暗唱を中心に行い、日本語力と暗唱力をつけておき、小4からそれを英語の暗唱に生かしていくという流れです。
 この英語暗唱講座も、自主学習クラスで指導していく予定です。

●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
英語教育(10) 自主学習クラス(0) 

 コメント欄

森川林 20170408 1 
 先日、小4の生徒の保護者懇談会で、多くの人が英語の勉強を心配していることがわかりました。
 英語の勉強を早めに始めるメリットは、よい発音が身につくことです。
 しかし、あまり早めに始めると、日本語の基礎がおろそかになります。
 そこで、小4から英語の暗唱講座を始めることにしました。
 日本語の暗唱をやっている人は、すぐにこの英語の暗唱もできるようになると思います。


namura 20170409 10 
これは楽しみです。中学に入り、文法が出てきたときに、覚えていたことの理由がわかり、ますます英語が好きになりそうです。

nane 20170409 1 
 Google翻訳がAIの採用で精度が増しました。
 skype通話も、AIでリアルタイム翻訳を使えるようにしました。
 単語や文法を解析して理屈で翻訳するのではなく、語彙群の意味を雰囲気的に翻訳するようです。
 この技術進歩は更に加速すると思います。
 すると、英語教育は、日本人が英語を学ぶための教育から、英語圏の人に日本語を教えるための教育に進んでいくと思います。
 というのは、日本語には、他の言語にはない、日本語脳を育てるという教育機能があるからです。
 言語一般が持つのは伝達機能ですが、それはAI翻訳で代替されていきます。
 しかし、教育機能は、教育の中で育てるしかできないのです。
 だから、英語教育に携わっている人ほど、言葉の森の森林プロジェクトのような日本語作文指導講座に参加して、より幅の広い言語教育という方向に進んでいくといいのだと思います。
 しかし、もちろんそれまでは英語学習を独自に進める必要があり、その学習の中心になるのが、小4からの英語暗唱になると思います。

mae 20170409 9 
これもおもしろそう!
中1で覚えた教科書の英語、今もまだすらすら言えます(^^♪
コメントフォーム

小4からの英語暗唱講座を企画中 森川林 20170408 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」