秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 満ち潮の時代の多数派、引き潮の時代の少数派
▽ひとつ後の記事 意欲的な勉強ができる仕組み

 
これからの学力は創造力  2017年10月10日  No.3063
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3063      




 これまでの日本の社会では、よくできたものを手本として真似することが一つの学力となっていました。
 しかし、他の人の真似を上手にできる力では、いつまでたっても二番手にしかなれません。

 これからの社会は、それぞれの人が自分の得意分野で一番、あるいは第一人者となることが求められる社会です。
 人の真似を上手にするだけでなく、自分の独自のものを作り上げていくことが重要になってくるのです。

 答えのある勉強は、最初から高いレベルの学習ができますが、そこから先にはなかなか進めません。
 一方、答えのない勉強は、最初はそれほど高いレベルではありませんが、自分の力でいくらでも先に進んでいけます。

 作文を書く勉強は、答えのない自分で作りだす勉強です。
 この自分で作り出す勉強が、その子の創造力を育てていきます。

 答えのある勉強の大部分は、記憶力でカバーできます。
 考える問題と言われているものも、多くは解法の記憶でできるようになります。

 だから、小学生のころの勉強は、創造力を伸ばす作文と、記憶力を伸ばす暗唱と、読書と対話と、自然や人間と関わる経験を中心にしていくといいのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 小学校低学年(79) 勉強の仕方(119) 

コメントフォーム

これからの学力は創造力 森川林 20171010 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171010 1 
 漢字を覚えたり、問題集を解いたりする勉強は、誰でもある程度充実した勉強として取り組めます。
 これに対して、作文のような勉強は、手を抜くことも力を入れることも本人次第です。
 だから、本当に実力のある子は、作文のような勉強の方を好むのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」