作文教室とオンラインスクールの言葉の森・サイト 作文教室とオンラインスクールの言葉の森
記事 2042番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/3/29
要約の簡単な練習法。要約の練習の前にすることは音読と対話
森川林 2014/01/16 19:57 


 ある教育サイトで、「要約がうまくできない」という小学5年生の保護者からの相談がありました。
 要約の練習をなぜするのかというと、うまく要約していい点数を取るためではありません。要約しようとすることによって、文章を理解し、それをまとめて表現する力をつけるためです。

 だから、形だけの要約ができることにはあまり意味がありません。
 文章の終わりには結論のようなものがあることが普通ですから、終わりの方を中心に書けば、形の上で要約(要点)らしいものが書けます。しかし、それでは何の力もつきません。

 要約力をつけるには、まず読み取る力をつけることです。そのためには、ある程度の難しさを持つ文章を何度も音読する必要があります。
 なぜ黙読ではなく音読なのかというと、何度も読むという繰り返しの勉強は、声に出すという形のあるものにしないと、実行できないことが多いからです。
 何度も音読していると、難しい文章であっても、その文章の全体像が大体わかってきます。

 次に、その読み取った内容をまとめて表現する練習です。
 そのための手軽で効果のある方法が、読み取った文章の内容を身近な人(親や先生)に説明することです。
 その際に大事なことは、上手に説明できたかどうかという結果ではありません。説明しようとして言葉を探すという過程が大事なのです。

 ここを多くの人は勘違いして、上手に言えればよくできたと思い、上手に説明できなければ駄目だと思ってしまいます。そうではなく、上手に説明できないという過程が勉強の中身です。
 だから、読み取った内容の口頭による説明は、上手にできないからこそ、気長に励まして聞いてあげることが大事なのです。

 難しい文章であれば、その子が日常生活で決して使わないような言葉を使って説明しなければなりません。
 例えば、「日本と欧米の文化の比較」などという言葉は、小学生が日常生活で普通に話題にする言葉ではありません。しかし、国語の長文には、そういう言葉や考え方が頻繁に出てきます。そのような普段使わない言葉を使って説明することによって表現力がついてきます。
 だから、聞き手として大事な姿勢は、子供の説明が下手でも、「もっとわかるように話しなさい」などとは決して言わず、「うんうん」と優しくうなずいて聞いてあげることなのです。

 この音読と説明、そしてその説明をもとにした対話が、要約の前提となる勉強です。

 そして、実際の要約はどうするかというと、要約を要求される字数に応じて、選ぶ文の数を決め、その選んだ文をつなげて書くことです。

 要約や記述の練習の中心は、すばやくまとめる力をつけることです。そのために大切なのは練習回数です。
 練習回数を増やすためには、評価を簡単にすることです。子供が要約した文章を、親が元の文章と照らしあわせてじっくり添削しようとすると、練習回数が増やせません。親は、その要約文の全体の意味が通じるかどうかだけを見ておけばいいと割りきって、子供の要約練習の回数を増やした方が要約の力はつきます。
 親がじっくり見てあげる余裕があれば、先に元の文章を読んで大事なといころをあらかじめいくつか選んでおき、それを子供の書いた要約と照らし合わせるようにするといいでしょう。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定3月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

コメント欄

コメントフォーム
要約の簡単な練習法。要約の練習の前にすることは音読と対話 森川林 20140116 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
もやゆよ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「もやゆよ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
4月からの森オ nane
 コロナウイルスによる学校の休校期間の間 11:40
4月からの森オ 森川林
 2月下旬からこの1か月、学校の休校に対 11:13
作文だけ×の評 nane
 私は、「先生病」ということをよく考えま 3/28
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■綱引きの中心は「分離と競争」から「共生と創造」に。新しい作文教育論 1月16日
■センター試験必勝法。そしてセンター試験のあとに来る本当の勉強 1月15日
■小学校低学年までは日本語を確実に。日本語の特徴は母音言語 1月14日
■遊びと行事の課題をもとにプレゼン作文発表会 1月13日
■いいことが起きることを前提に、攻めの姿勢で生きる 1月13日
■受験の直前は、これまでのやり方に確信を持ち、更に確実にする時期 1月12日
■子供たちのこれからの勉強を大きなデッサンで考える 1月10日
■世界を敵に回すなと言う前に 1月10日
■自習検定のページで1月4週の検定試験を受付中(生徒父母連絡) 1月9日
■受験直前の今は、欠点を直す時期ではなく、これまでの勉強に確信を持って反復する時期 1月8日
■国語の勉強は気長に 1月8日
■楽しい汗を流すような勉強 1月6日
■虹の上に腰かけてお母さんと呼んでみたいという詩 1月4日
■理解する教育から、身につける教育へ。日本の伝統的な教育法、音読と暗唱。 1月4日
■新年挨拶「雪の野原で作る小さな雪玉」 1月1日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 7、森林プロジェクトとオープン教育アシスタント 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 6、未来の教育を支えるオープンな組織 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 5、ネットを活用した教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 4、現代に生かす寺子屋教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 3、効率教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 2、創造教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 1、価値とは何か 12月31日
■今年1年をふりかえって 12月30日
■苦手だった国語なのに模試で満点に 12月29日
■受験直前の作文の勉強は、これまでにやってきたことを再確認して自信をつけること 12月27日
■あしたは晴れる 12月27日
■模試の点数よりも、過去問の出来具合。 12月26日
■子供たちに誇りの持てる日本を伝え、創造性を育てる教育を 12月26日
■日本が世界のリーダーとなる決心をするとき 12月24日
■自習検定試験は12月23日から28日まで実施しています(生徒保護者連絡) 12月23日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。