作文教室とオンラインスクールの言葉の森・サイト 作文教室とオンラインスクールの言葉の森
記事 3751番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/10
普通の国語のテストと読解検定は違う――国語の過去問対策はなぜ必要か
森川林 2019/06/11 06:34 

 先日の読解検定で、普通によくできる生徒が、かなりひどい点数を取っていました。
 これは、その子が普通の国語の試験のようなつもりで問題を解いたからです。

 学校で行われる国語の試験では、普通に解けば国語力のある子がいい点数が取れます。
 しかし、受験で点数に差をつけることを目的とした試験では、普通に解くと間違えるようになっているものがあるのです。

 難度の高い入試の国語の場合は、深く厳密に読み取らなければなりません。
 読解検定は、その厳密に読み取ることの必要性を理解するための試験です。
 だから、読解検定で満点を目指して解いていると、国語の成績は必ず上がります。

 普通に解く国語問題と、厳密に解く国語問題の差はかなり大きいので、その子の国語の実力以上に解き方によって点数が大きく変わってきます。

 志望校の国語の過去問対策が必要なのは、解き方によって点数が変わるという事情があるからです。。

 その学校がどのくらい難しい国語の問題を出しているかということによって、解き方の深さが変わってきます。
 普通の易しい国語問題を出しているところで、深く読んで答えると、深読みのしすぎで×になってしまうこともあります。

 それぞれの学校の国語問題の難易度は、例年ほとんど変わりません。
 普通の国語問題を出しているところでは普通に解き、難しい国語問題を出しているところでは厳密に解くということが必要になってきます。

 将来、そういう国語試験のようなものはなくなっていくと思います。
 紙の○×試験で厳密性を問うような試験ではなく、作文や口頭試問でその生徒の考える力の深さや可能性を見るというものになるだろうからです。

 しかし、今のところは、国語の過去問対策をすることで、志望校がどういうレベルの国語問題を出しているかを知っておくことは重要です。
 過去問対策を秋からやる人がほとんどのようですが、本当は夏休み前にやっておくといいのです。

 今度始めた全教科自主学習クラスでは、中学生は定期試験対策、受験生は過去問対策をしています。
 これは、定期試験の計画を立てることと、過去問に取り組んで自分で分析をすることが中心ですから、こちらでいろいろなことを教えるわけではありません。
 しかし、ほとんどの子が漠然と勉強している中で、焦点を絞った勉強に取り組む姿勢を持つだけで、その後の勉強の進み方が大きく変わってくるのです。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

コメント欄

森川林 2019年6月11日 6時47分  
 日常の勉強と試験のための勉強は、性格がかなり違います。
 日常の勉強の基本は、毎日同じことを同じように続けることですが、試験のための勉強は、その試験に合った勉強をすることです。
 これが逆になって、日常の勉強に変化を求めたり、試験のための勉強で同じことをこつこつと続けたりする人も多いのです。
 試験のための勉強の第一歩は過去問分析です。
 今の時期に過去問を分析するためには、過去問を解くのではなく、過去問の問題と答えを読む勉強をする形になります。
 問題集は、解くのではなく読むのです。

 これを本人に任せていると、高校生の場合でも、「うん、わかった。いつかやる」と言うだけで(笑)、自分からはまずやらないでしょうから、親がある程度強制的に子供に過去問をやらせる必要があると思います。


nane 2019年6月11日 6時50分  
 読解検定は、満点を目指す試験ですが、×になった方がいい試験です。
 ×になれば、その問題をもとに、親子で考える機会を作ることができるからです。
 過去問も同じです。
 過去問は最後の仕上げのためにあるのではなく、親子で傾向を分析するためにあるのです。


コメントフォーム
普通の国語のテストと読解検定は違う――国語の過去問対策はなぜ必要か 森川林 20190611 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
るれろわ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「るれろわ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
昔テレビで一億 かいわれ
テレビ等の営利が絡んだ扇情的・短絡的な報 7/6
夏のオンライン 森川林
 あおさんへ。  この講座はどなただも 7/6
夏のオンライン あお
こんにちは。受講を申し込みたいのですが、 7/6
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■ウェブカメラを机上に向けて勉強する仕方 6月10日
■6.2週と6.3週の授業の動画をアップロードしました(小1~中1) 6月8日
■勉強の基本は読み書き算盤だが、実は読み書き算盤を続けることがいちば難しい――それをカバーするのが自主学習クラス 6月7日
■グループ学習と個別学習の融合――新しいオンライン教育の仕組み 6月6日
■寺子屋オンラインの「作文クラス」「発表学習クラス」の案内資料(2019年6月) 6月5日
■オンライン学習塾という考え方 6月4日
■オンライン自宅学童という考え方から、オンライン自宅小学校へ 6月3日
■発表学習クラスで創造的な勉強が好きになる 6月1日
■これまでのキャンプの記録を参加者全員にお送りしました 6月1日
■×があるほど良い試験――読解検定試験の結果返却――次回は6月23日(日) 5月31日
■6.1週の作文のヒントをアップロードしました(小1~中1、ハイパー作文コース) 5月30日
■小学3・4年生は、作文がいちばん楽しく書ける時期 5月29日
■注意して直す作文では上手にならない――ハイパー作文コースの再開 5月28日
■公立中高一貫校合格に向けた全教科自主学習クラスをスタートします 5月27日
■読解検定試験の結果返却――百点を取ることで力がつく読解試験 5月26日
■パソコン講習会に参加すればオンラインの仕組みがわかる 5月24日
■パソコン講習会の資料 5月22日
■公立中高一貫校対策、公立高校入試対策のための全教科自主学習クラス説明会の資料 5月22日
■遠回りで勉強を楽しむ――5.4週の授業の動画をアップロード 5月22日
■寺子屋オンラインクラスで1人1台のパソコンを使うならクロームブックがおすすめ――親の帰りが遅い家庭の子供の夜の勉強時間も安心 5月20日
■子供どうしの本の紹介でおもしろい本を見つけよう 5月20日
■未来の教育は、平均的な知識を詰め込む教育ではなく、各人の個性を伸ばす教育になる――発表学習のすすめ 5月18日
■オンライン自宅学童クラス 5月17日
■おじいちゃんおばあちゃんと学ぶ、子供の創造力を育てる発表学習クラス 5月16日
■小4・5・6年生対象の公立中高一貫校の模擬試験を実施 5月15日
■サマーキャンプの読書感想文におすすめの本 5月15日
■オンラインの全教科自主学習クラスは、学校のペースを超えてひとりで勉強できる子にも、学校から離れてひとりで勉強する子にも向いた、友達と交流のあるクラス 5月14日
■サマーキャンプの小5以上の勉強に、公立中高一貫校対策問題も 5月14日
■サマーキャンプで、読書感想文指導も行います 5月13日
■公立中高一貫校対策のオンライン学習に必要な保護者のパソコン講習会(無料)――約30分でZoomとgoogleフォトの操作を習得します 5月13日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410