記事 4203番  最新の記事 <前の記事  2021/3/8
必ず国語の成績が上がる国語読解クラスの勉強の仕方
森川林 2021/03/08 14:45 

動画 https://youtu.be/5p79GHg7-tM

 作文の勉強で国語の力はつきますが、国語の力はそのまま国語の成績になるわけではありません。
 国語の成績を上げるには、国語の力とは別に、成績を上げる解き方のコツを身につける必要があるからです。

 何年か前、中3のよくできる生徒がお母さんと一緒に相談に来ました。
 「作文はよく書けるよになったが、国語の成績が今ひとつ伸びない」と言うのです。
 そこで、国語の成績の悪かった問題を持ってきてもらい、1問ずつ説明してあげました。
 全部詳しく説明するので、2時間ほどかかります。
 すると、そのあと国語の成績が上がるようになり、やがて国語がいちばんの得意教科と言うまでになりました。
 もちろん、第一志望の高校には合格です。

 以前は、中学生や高校生を対象に、こういう個別説明をたまに行っていましたが、そのうち時間がとれなくなったので、国語の個別アドバイスを行わないようになりました。
 しかし、その個別アドバイスのかわりに、国語読解クラスで国語力と読解力をつける学習をすることにしました。
 現在、火1800のクラスで国語読解クラスを開いていますが、これを今後広げる予定です。

 国語読解クラスは、国語の勉強と読解の勉強をします。

 国語の勉強とは、読む力をつける勉強です。
 読む力をつけるためには、読むことが大事です。
 問題を解くことで読む力がつくのではなく、問題を解くために問題文を読むことで力がつくのです。
 だから、いちばんいいのは、本人にとって少し難しい文章を繰り返し読むことです。
 しかし、ただ読むだけでは張り合いがないので、先生が読んだ文章の内容についていろいろ質問をします。
 これが国語読解クラスの国語の勉強です。

 ところで、読む力をつけるだけでは、国語の成績はすぐには上がりません。
 国語の成績に影響するのは、読む力とともに解く力だからです。
 この解く力をつけるのが。国語読解クラスの読解の勉強です。

 国語読解クラスの教科名のリンクから読解問題を見ると、前月までの問題が表示されます。
 先生が最初に正しい答えを言うので、生徒はなぜそういう答えになるのかを説明できるように問題文を読みます。
 間違えやすい問題は、言葉は違っていても内容が同じなので○という場合と、言葉は似ていても必ずしもそうとは言えない部分が入っているので×という場合です。
 この答えの理由を説明することによって、厳密に読み解く力がつきます。

 読む力がすでにある生徒は、解き方のコツを理解すれば、次の週からすぐに成績が上がります。
 読む力がまだ十分にはない生徒は、読む練習と解く練習を並行して行っていくので、成績があがるのには少し時間がかかります。
 しかし、ほかのどんな国語の勉強よりも短期間で確実に国語の成績が上がるのが国語読解クラスの国語と読解の勉強です。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20210308  
 毎月の読解検定の平均点は60点ぐらいですが、初めてテストを受けた生徒は、最初はひどい点数をとるのが普通です。
 0点、13点、25点、38点……などはザラです。
 また、実力のある生徒でも、時間がなくて急いで解いたときはやはりひどい点数をとります。
 読む力というものは、ほぼ固定していて変わりませんが、解く力というのは、厳密に解くかどうかでかなり違ってくるのです。

nane 20210308  
 国語の力をつけるのは、長い時間がかかります。
 作文の力をつけるのは、もっと長い時間がかかります。
 しかし、国語の成績を上げるのは、かなり短期間でできるのです。
 それは、読む力と解く力が別のものだからです。
 ただし、解く力が上がるのは、読む力の範囲までです。
 解く力と読む力の両方の勉強をするのが国語読解クラスの勉強です。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 

記事 4202番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/3/8
作文は褒めるだけで力がつくのか
森川林 2021/03/07 20:46 

動画 https://youtu.be/mDUcO92aDUk

  1. 褒めるだけで上達するのは、事前指導があるから。
  2. しかし、作文力が上達するのは時間がかかる――森リン点で年2ポイント程度。
  3. 褒める指導の反対の直す指導をすると、短期的にはその分作文が改善されるが、
  4. やがて子供が作文を書くことを負担に感じるようになり、
  5. 上達に最も大事な継続ができなくなる。
  6. 親子の作文指導がうまくいかないのはこのため。
  7. 言葉の森の項目指導を信頼して、無条件に褒め続けることが大事j。


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20210307  
作文の勉強を初めたばかりの生徒の保護者からよく受ける質問が、「褒めるだけで力がつくのですか」というものです。
その答えは、「はい、そうです」で、その説明を載せました。

nane 20210307  
褒める指導の反対は直す指導ですが、直す指導をすると、子供がくたびれるだけでなく、教える方もくたびれるのです。だから、教わる人にとっても、教える人にとっても、褒める指導を中心にすることが大事なのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

記事 4201番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/3/8
受験用の作文指導では何が必要か
森川林 2021/03/05 22:05 

▼動画
https://youtu.be/wMjArN8DtZA

  1. 実力をつけるための勉強と、勝負に勝つための勉強は異なる。
  2. 通常の作文指導は,項目をもとに行っているが……
  3. 受験のための指導は、項目よりも、題材と表現と主題の内容のよさがポイントになる。
  4. また、作文の課題そのものが、身近な生活作文ではなく、意見文的なものになることが多い。
  5. そこで、中学生以降の作文指導で行う項目や構成が必要になることがある。
  6. 具体的には、理由や方法や意見による展開という構成、自作名言、データの引用など。
  7. プレ受験作文コースでは、小5からそういう指導を行う予定。


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20210305  
 近日中に、小5以上の生徒を対象にしたプレ受験作文コースを開講する予定です。
 その理由は、通常の作文指導と受験作文指導とでは、少し性格が異なるからです。

nane 20210305  
 プレ受験作文は、なぜ小5からで、小4からでないかというと、小4はまだ抽象的に考える力がないことと、小4のころは身近な生活作文でたっぷり内容のいい作文を書いていた方があとでいい思い出になるからです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

記事 4200番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/3/8
国語力を短期間で上げるには
森川林 2021/03/04 15:20 


  1. 短期間で成果を上げるには、読解検定。
  2. 中期間で成果を上げるには、問題集読書。
  3. 長期間で本格的に成果を上げるには、作文。
  4. 読解検定の解き方のコツを理解させるために、オンラインクラスで国語読解講座を開設した。
  5. 国語読解クラスでは、問題集読書の学習も行う。これで本当の実力がつく。
  6. 更に本格的に国語力をあげるには、考える力と書く力をつけるための作文。

▼動画
https://www.mori7.com/index.php?e=4200


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20210304  
 国語力には、短期間で上がる面と、時間をかけてもなかなか上がらない面とがあります。
 短期間で上がる面とは、解き方のコツを身につける場合です。
 指導した次の週からすぐに成績が上がるぐらいです。
 しかし、何年もかけてやっと少しずつ上達するという面もあります。
 それが作文です。
 作文の上達には長い時間がかかります。
 しかし、言葉の森で勉強qを続けていれば、必ず作文力は上達します。
 上達しないように見えるときがあるのは、途中であきらめてやめてしまうからです。

nane 20210304  
久しぶりに記事アップ。
いろいろな仕事を形付けている途中ですが、これからもっと定期的に更新する予定です。
国語力の話は何度も書いていますが、依然として質問が多いので再度書きました。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 

記事 4199番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/3/8
オンラインクラス2月4週保護者懇談会資料
森川林 2021/02/22 15:15 


  1. 3月1週から新年度の教材で勉強できます。
    ・現年度の教材をそのまま使っていてもかまいません。
    ・新年度の教材のスキャナ化が遅れていますが、3.1週までにアップロードする予定です。
  2. 国語の小4・5・6の教材を途中で変更しました。
    ・「小学練成テキスト」から「小学実力錬成エフォート」へ(理由は、読み応えのある長文を増やすため)
    ・もし「小学錬成テキスト国語小4・5・6」が届いている方がいたらご連絡ください。
  3. 3月からの新講座の予定
    ・国語読解は、国語の勉強に加えて、読解検定の問題の解き方の指導します。
    (火1800 中根+講師A)
    ・プログラミングは、ScratchとMicro:bitが終わった人のためにJavaScriptを開始します。
    (月1800 中根+講師B)
    ・理科実験工作は、創造発表と似ていますが次の点が違います。
    1)参考図書をもとに実習の時間を作ります。(ただし参考図書以外のこともできます)
    2)発表は月1回とします。(ただし毎週発表することもできます)
    3)理由は、初めての人も参加しやすくするためと、毎週発表の負担を少なくするためです。
    (水1800 中根+講師C)
  4. 春期講習は3月22日~4月5日の予定です。(朝9時から受講できます。教科、回数は自由選択)
  5. 自主学習クラスはどの講座も有料体験が2回できます(ただし作文クラスは除く)。
    ・有料体験2回3,300円。
  6. オンラインクラスの受講の仕方は、「森オンの手引」に動画で説明を載せています。
    https://www.mori7.net/morion/
    (生徒関係リンクの16番)

▼動画の説明
https://youtu.be/L7kBNTe5uVs

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 
新着コメント1~3件
必ず国語の成績 nane
 国語の力をつけるのは、長い時間がかかり 15:2
必ず国語の成績 森川林
 毎月の読解検定の平均点は60点ぐらいで 14:56
作文は褒めるだ nane
褒める指導の反対は直す指導ですが、直す指 3/7
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■必ず国語の成績が上がる国語読解クラスの勉強の仕方 3月8日
■作文は褒めるだけで力がつくのか 3月7日
■受験用の作文指導では何が必要か 3月5日
■国語力を短期間で上げるには 3月4日
■オンラインクラス2月4週保護者懇談会資料 2月22日
■【合格速報】麗澤瑞浪中学校 2月18日
■【合格速報】南山中学校女子部 2月18日
■【合格速報】上智大学総合人間科学部 2月17日
■自主学習クラスの公中講座は理系と文系に。公中講座は小4から。プレ受験作文講座の計画 2月15日
■【合格速報】宝仙学園高等学校・早稲田佐賀高等学校・早稲田本庄高等学校・慶應志木高等学校・慶應義塾高等学校 2月15日
■【合格速報】公文国際学園中等部 2月12日
■【合格速報】都立小石川中等教育学校 2月12日
■【重要】自主学習クラスの新年度切り替えは3月1週からに延期――春期講習は3月22日~4月5日(2/15更新) 2月11日
■【合格速報】都立大泉高等学校附属中学校 2月10日
■【合格速報】宝仙学園中学校 2月10日
■【合格速報】都立大泉高等学校附属中学校 2月10日
■【合格速報】お茶の水女子大学附属中学校 2月8日
■【合格速報】東京学芸大学附属国際中等教育学校・成蹊中学校 2月8日
■【合格速報】東京学芸大学附属国際中等教育学校 2月8日
■オンラインクラスの受講の仕方 2月8日
■読解検定2月のお申し込み受付中 2月8日
■【合格速報】武蔵野大学中学校 2月5日
■【合格速報】三重高校 2月4日
■【合格速報】洛南高校附属中学校 2月4日
■教えない教育は、自分で考えさせる教育 2月3日
■東海大学付属相模高等学校中等部 2月3日
■本好きな子になる毎週の読書紹介――今後、難読検定を計画中 2月2日
■【合格速報】名古屋大附属中学校 2月1日
■幼児教育を考える――学校教育の先取りではなく、社会と文化への参加 2月1日
■未来を見据えた学習を小学生低学年のうちから 1月31日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。