ゲームは飽きるが友達は飽きない 海外帰国子女枠の作文と面接なら言葉の森 繰り返し読むのは、やはり紙の本 誰でも暗唱ができるようになる方法――成長期の子供の日本語力育成に有効 6月のオンライン懇談会、6月の発表交流会、7月のオンライン面談の予定

記事 3351番  最新の記事 <一つ前の記事  2018/6/22 
6月22~28日「子供の読書についてのオンライン懇談会」参加自由
森川林 2018/06/21 20:31 

 言葉の森とfacebookグループ「読書の好きな子になる庭」の合同企画で、「子供の読書についてのオンライン懇談会」を、6月22日から28日までの日程で行います。

 オンラインですから、どこからでも自由に参加できます。参加は無料です。
 今後、定期的にこのような企画を行っていく予定です。
 参加を希望される方は、送信フォームからお申し込みください。
https://www.mori7.com/kform_pre.php?f=hog201806

■懇談会の内容
(1)子供の読書の意義と方法――苦手な子から得意な子まで読書を進めるさまざまな方法(話:中根克明 約15分)
(2)参加者からの質問受け付け(自由)
(3)参加者からの読書の工夫紹介(自由)
・全体で45分間程度で終了の予定です。
・延長して話をしたい方は、自由に延長できます。
・途中の入退出は自由です

■関連資料
▽資料1
https://www.mori7.net/izumi/gazou/2018/6212017320.jpg
▽資料2(全国学校図書館協議会の過去の課題図書)
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/pastbook/612015.html
▽資料3(子供新聞より)
https://www.mori7.net/izumi/gazou/2018/6212017321.jpg
▽資料4(子供新聞より)
https://www.mori7.net/izumi/gazou/2018/6212017322.jpg

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

記事 3350番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/6/22 
ゲームは飽きるが友達は飽きない
森川林 2018/06/21 06:13 


 作文や国語の勉強で、最も役に立つのが長文の音読です。
 言葉の森が30数年前に、音読指導を始めたころ、世の中に音読の練習をしているようなところはほとんどありませんでした。
 そのため、多くの保護者から、どうして音読をするのかとか、音読にどんな意味があるのかとかいうことをよく聞かれました。
 しかしその後、音読に効果があるらしいということが広がったせいか、学校や塾でも音読をするようになりました。

 ところが、音読は、毎日続けるのがかなり難しいのです。
 家庭で、保護者が子供に毎日の音読の習慣をつけられればいいのですが、保護者自身が子供のころ音読をした経験がないことが多く、そのため子供に音読を続けさせることがなかなかできないのです。
 これが、かけ算の九九と違うところです。
 九九の場合は、親も自分の子供時代やった経験があるので、自信を持って子供に九九の暗唱をっせることができます。
 しかし、音読はしたことがないので、自信を持って続けさせることができないのです。

 そこで、言葉の森では、音読の練習とゲームの面白さを結びつけるために、読解マラソンというページを作りました。
 しかし、このゲームの面白さというのは結局補助的なものであって、基本は保護者または先生の人間によるチェックがないと音読は続けられないということがわかってきました。
 ウェブに毎日の記録をするということもできなくはありませんが、そういう機械的な方法では、さぼったり、やらなかったのにやったことにするというようなことがどうしても起きてしまうのです。

 そこで、これを根本的に解決する方法として暗唱に力を入れることにしました。
 音読は、やっているかいないかが、先生のチェックだけではわかりません。
 先生が、「音読している?」と聞き、生徒が「はい」と言えば、それ以上のことは確かめられません。
 音読は、毎日続けることが大事なのですが、週に1回や2回でも、子供は「音読をした」と言えるからです。

 この音読に対して、暗唱の方は結果がはっきりしています。
 毎日やっていれば誰でも少しもつっかえずに言うことができますが、何日かやらない日があると必ずどこかでつっかえたり思い出せなかったりするのです。
 音読のチェックのときは、あまりやっていなかった子が、暗唱チェックをするようになってから、かなりの確率で毎日やるようになりました。
 そこで、この暗唱の練習をさらに励みになるものにするために、言葉の森では暗唱検定も行うようにしました。

 ところが、暗唱している生徒の割合は、本当は百パーセントを目指したいのですが、まだそこまでは到底行きません。
 それは、暗唱を続けることも、やはり保護者が自分自身子供時代に暗唱した経験がないことが多いために、家庭で自信を持って子供に続けさせることが難しいからです。

 そこで、新しく取り組んだのは、寺子屋オンラインの少人数クラスで暗唱のチェックをすることでした。
 人間は、機械やソフトが相手では意欲を持ち続けることはできませんが、他の人間、例えば友達との関係では、意欲を持ち続けることができるからです。
 言い換えれば、ゲームは飽きるが友達は飽きないのです。

 ただし、その代わり、ゲームや機械と喧嘩する人はいませんが、友達とは喧嘩をしてしまう場合もあります。
 つまり、人間にとって他の人間の存在というものは、意欲や感情を伴う分だけ、よい方向にも悪い方向にも強い力を持つのです。

 言葉の森では、この人間どうしの関係による意欲をよりよい方向で持たせるために、現在、寺子屋オンラインというオンラインの少人数クラスを開いています。
 この人間どうしの交流による学習というものが、これから教育の最も重要な方法になってくると思います。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20180621  
 ものごとを合理的に考え能率よく進めるというのは仕事や生活の基本です。
 そのためには、規格化、標準化、機械化、自動化が必要です。
 ところが、子供の成長に必要なものは、往々にしてこれらとは正反対のものです。
 だから、人間の教育には、どんなに優れた機械よりも、多少ずっこけていてもいいから人間の存在が必要になってくるのです。


nane 20180621  
 一時、ゲーミフィケーションという教育方法が注目された時期がありました。
 今でも、漢字や計算や英単語の練習でゲーム化されているものがよくあります。
 しかし、どんなに面白いゲームでも、人間は飽きるのです。
 そして、飽きるからそのゲームの裏技を探すような、機械の裏をかくことに喜びを見出すようになるのです。
 これは、賞や罰も同じです。
 人間は、動物と違って、賞や罰にも飽きるのです。
 人間が唯一飽きないものは、他の人間です。
 それは、人間というものは、どのような人間も予測できない創造性を持っているからです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) ゲーム的教育(4) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~10件
ゲームは飽きる nane
 一時、ゲーミフィケーションという教育方 6/21
ゲームは飽きる 森川林
 ものごとを合理的に考え能率よく進めると 6/21
海外帰国子女枠 森川林
 海外帰国子女の方の勉強に関する情報交換 6/21
海外帰国子女枠 nane
 海外帰国子女で、中学入試に作文の試験を 6/20
海外帰国子女枠 森川林
 言葉の森の受験作文小論文指導は、どこの 6/20
繰り返し読むの nane
 将来のデジタルブックは、ページが空間の 6/19
繰り返し読むの 森川林
 読書は、紙の本でなければ、人間の身体に 6/19
誰でも暗唱がで 森川林
 国語力をつける方法としては、読書と音読 6/18
誰でも暗唱がで nane
 なお、暗唱検定試験は1回500円、オン 6/18
誤字対策は漢字 匿名
「大幅な原点になってしまうことがあります 6/16
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■6月22~28日「子供の読書についてのオンライン懇談会」参加自由 6月21日
■ゲームは飽きるが友達は飽きない 6月21日
■海外帰国子女枠の作文と面接なら言葉の森 6月20日
■繰り返し読むのは、やはり紙の本 6月19日
■誰でも暗唱ができるようになる方法――成長期の子供の日本語力育成に有効 6月18日
■6月のオンライン懇談会、6月の発表交流会、7月のオンライン面談の予定 6月15日
■人に教わるのではなく、自ら学ぶことによって真の実力がつく 6月15日
■親子の対話が子供を成長させる 6月14日
■作文は準備七分に腕三分 6月13日
■できなかったことを叱るのではなく、できるようにさせてから褒める 6月12日
■森林プロジェクトの交流会6月13日(水)20:30 6月12日
■寺オン作文コースの発表から 6月12日
■問う勉強、答える勉強――百点を取るより面白い勉強とは 6月11日
■「いつでも読書」――小6の生徒の作文から 6月10日
■成績はよくなったが、頭は悪くなった 6月10日
■考える勉強の習慣がつく発表学習コース 6月8日
■直すのが難しいが効果の薄い漢字、直すのが易しいが効果の高い読書 6月7日
■作文が更に楽しく書ける寺オン作文コース 6月6日
■寺子屋オンライン「発表学習コース」の子供たちの作品から 6月6日
■作文を上手にすることと作文力を上達させることとは違う 6月5日
■那須高原 言葉の森合宿所 読書作文キャンプ2018のお知らせ 6月4日
■受験作文は、構成の示してある模範解答で練習すれば誰でも書けるようになる 6月3日
■「ちゃんと勉強しなさいよ」と言うと、ちゃんと勉強しなくなる 6月2日
■寺子屋オンライン通信2018年6月号 6月2日
■那須の読書作文キャンプの下見 6月1日
■ブラック勉強とホワイト勉強 5月30日
■創造的で個性的な学力が将来の人間形成につながる 5月29日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その4) 5月29日
■答えのない勉強としての読書――子供の読書生活をどう発展させるか(その3) 5月28日
■音声入力講座――1200字の作文を10分で書く――時間の取れない中高生のために 5月27日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare