記事 3557番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/2/18 
言葉の森の作文学習が新しくなりました――寺子屋オンライン作文
森川林 2019/02/12 07:58 

言葉の森の作文学習が新しくなりました――寺子屋オンライン作文

言葉の森の作文指導の特徴

 言葉の森の作文指導には、ほかの作文講座にはない特徴があります。

言葉の森独自の指導法で国語力、読解力がつく感想文学習

 国語力、読解力は、問題集を解くような勉強では身につきません。
 入試問題レベルの文章を読み、その感想文を書く練習をするから深く読む力がついてくるのです。

大学入試の小論文まで続く小1からの小中高一貫カリキュラム

 小学校低学年でいくら楽しく作文を書いていても、それが高学年の受験作文につながるとは言えません。
 小学生の作文から中学生、高校生の作文へと一貫した指導ができるのが言葉の森の独自の小中高一貫カリキュラムです。



親子の対話を重視し先生との触れ合いがある作文教育

 先生の顔が見えない赤ペン添削では、子供は誰に作文を教えてもらっているのか実感がわきません。
 先生の顔が見える触れ合いのある作文だから、信頼感にもとづいた作文の勉強ができるのです。

作文教育界で最も歴史の長い37年間の実績

 入試に作文試験が課されるようになってから作られた即席の作文講座では、厚みのある作文指導はできません。
 作文教育界で最も長い歴史を持つ教室だから、本質的な作文理論と受験テクニックを組み合わせた指導ができるのです。

新しい作文学習、寺子屋オンライン作文

 
学習意欲を自然に引き出す少人数クラス

 5、6人の少人数クラスには、1対1の個別指導にも、1対多の集団指導にもない優れた長所があります。
 それは、毎回全員に、発表する機会、感想を述べ合う機会、本を紹介する機会があるので、自然に意欲的に取り組むようになることです。



その場で書き上げるからきわめて高い提出率

 通信教育では、「明日やろう」「いつかやろう」という気持ちになり未提出が多くなりがちです。
 少人数クラスのオンライン指導では、作文を書き終えるまでそのクラスにいなければならないので、必ず書き上げることができるのです。

ほかの人の作文の評価も聞くことで何倍も密度の濃い学習ができる

 自分の書いた作文にアドバイスを受けるだけでは、それ以上の話は聞けません。
 ほかの人の作文に対するアドバイスも同時に聞けるので、ほかの人の指導の分まで自分の勉強になるのです。

作文を書く力だけでなく発表する力がつく

 黙々と作文を書いて、黙って提出して、文字だけの講評が送られてくるのがこれまでの通信作文指導でした。
 少人数クラスでは、全員が作文を発表するので、作文力だけでなく発表力も育つのです。



互いに感想を述べ合うことでコミュニケーション力が育つ

 これからの入試ではペーパーテストだけでなく、面接や集団討論で多様なコミュニケーション力が求められるようになります。
 ほかの人の発表を聞いたあと、全員が互いに感想を述べ合う機会があるので、自然に話す力、聞く力のコミュニケーション力が身につきます。

毎回一人ひとりの作文を取り上げるので著しく上達が速い

 個別指導や集団指導では、毎回同じようなアドバイスを受けても、一向に進歩しないという生徒も出てきます。
 少人数クラスでは、自分の作文のよいところがみんなの前で褒められるので、上達が著しく速くなるのです。

家庭からのアクセスでいつでも先生と父母の懇談ができる

 これまでの通信教育や通学教室では、先生と保護者との懇談会や面談は特別に時間を確保して行わなければなりませんでした。
 家庭からアクセスできるオンラインクラスでは、授業のあとの少しの時間でも、いつでも先生と保護者で懇談や面談ができます。

毎回読んでいる本を紹介し合うので読書の質が上がる

 子供たちは、いい本があれば紹介したいと思い、ほかの友達のすすめる本も知りたいと思っています。
 オンラインクラスでは、毎回全員が読んでいる本を紹介し合うので、読書の量が増え、質も上がっていくのです。



通信教育なのに通学クラス以上に仲のよい友達ができる

 通信教育では友達との交流はまずありません。通学教室でも友達との交流は、休み時間や行き帰りの時間の中だけです。
 オンラインクラスでは、勉強の中身そのものが生徒どうしの交流になるので、友達意識が育つのが早いのです。

作文学習以外にもあるさまざまなオプション企画

 言葉の森では、教育全般に関するさまざまなオプション企画を用意しています。

小1のまだ十分に書けない時期こそ親子で学ぶ親子作文

 小学1年生は勉強の習慣がつく大事な時期です。その時期に、普通のドリルを解くような勉強だけをしていてはもったいないと思っている人は多いと思います。
 小学1年生のまだ十分に文字を書けない時期から、お母さんと協力して書く親子作文に取り組んでいくとよいのです。

作文以外の勉強全般に的確なアドバイスがある保護者懇談会

 言葉の森は、作文の勉強を教えているだけではありません。小学生から高校生まで、子供たちの成長を見てきた37年間の実績があります。
 作文以外の他の教科の勉強や子供の生活に関する相談にも、幅広く対応できる保護者懇談会を開いています。

友達と交流できる那須合宿所の夏休み読書作文キャンプ

 オンラインの生徒どうしが親しくなると、互いに実際に会ってみたいと思うようになります。
 言葉の森の那須合宿所での読書作文キャンプは、オンラインの生徒どうしが交流する夏休みの企画です。

覚える勉強が苦にならなくなる独自の暗唱検定

 思考力が求められているとは言っても、今の入試のほとんどはまだ記憶力中心の試験です。
 そういう試験でも、覚えることが苦にならなくなるばかりか、さらに日本語のリズム、ものの見方、感じ方を丸ごと身につけるのが言葉の森の暗唱検定です。

自然科学の自由研究で思考力、創造力を育てる発表学習クラス

 主に理科の実験や観察など自然科学の分野を中心に、自由に研究したことを発表するのが発表学習クラスの勉強です。
 受け身の勉強でない、自分で考えて作り出す勉強なので、知識以上の思考力や創造力が育つのです。

国語、算数の能率のよい自学自習が進む自主学習クラス

 人に教えてもらう勉強では、教える人に合わせた勉強しかできません。だから、わからないまま進んだり、わかっていることを何度も教えられたりすることがよくあります。
 自分のペースで勉強し、先生が進度をチェックする自主学習クラスの勉強だから、無駄のない能率のよい勉強ができるのです。




 言葉の森では、新しい作文学習の寺子屋オンライン少人数クラスの体験学習を受け付けています。
 寺子屋オンラインクラスの対象は、新小1から新中3までの生徒です。

 授業のある曜日時刻は、月曜~金曜は、16:00~、17:00~、18:00~、19:00~、20:00~(一部)、土曜・日曜は、9:00~、10:00~です。

 少人数クラスですので、同学年に近い生徒の参加状況によっては体験学習の開始をしばらくお待ちいただくことがあります。
 その場合は、先に個別電話指導でご都合のよい曜日時間に体験学習を受けていただくことができます。

 体験学習をご希望の方は、言葉の森までお電話くださるか、体験学習のフォームからお申し込みください。

Online作文教室言葉の森 電話 0120-22-3987
体験学習フォーム https://www.mori7.com/ftaikenn.php


言葉の森の受講案内  無料体験学習受付中

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190212  
 システムの変更に時間がかかっていましたが、やっと「寺子屋オンライン作文」を本格的に募集できるようになりました。
 Zoomのウェブ会議を使った少人数クラスの作文というのは、どういうものかよくわからない人が多いと思いますが、この作文クラスは大きな可能性を秘めています。
 それは、やり方次第ですが、(1)続けやすい、(2)面白い、(3)上達するの三拍子がそろった作文学習になるからです。
 そして、この少人数クラスは、作文学習以外のさまざまな勉強にも生かすことができます。
 これから、森林プロジェクトに参加しているみなさんと一緒に、この寺子屋オンラインの教室を発展させ、日本によりよい教育を広げていきたいと思います。


nane 20190212  
 寺子屋オンラインの重要な条件は、少人数のクラスで、創造的な学習をするということです。
 人数が多すぎても少なすぎても、効果は出にくくなります。
 また、既に答えのある勉強を教えるだけでは、やはり少人数クラスの意義は弱くなります。
 創造的な学習という点では、作文や発表学習はぴったりですから、あとは少人数の運営をしていくことです。
 少人数の運営をするためには、生徒も先生も多くなければなりません。
 だから、これからの課題は、それぞれの学年で少人数クラスを作れるようにすることです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 言葉の森のビジョン(51) 

記事 3555番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/2/18 
読解力は、読む力と解く力でできている
森川林 2019/02/10 16:28 

 国語力の中心は、読解力です。
 将来は、作文力がもっと前面に出てきますが、今は作文力を評価する方法が限られていることから、読解力が国語力の中心となっています。

 その読解力は、読む力の縦軸と、解く力の横軸で構成されています。(図参照)



●小学1、2年生の読解力

 「1A」となっているところは、子供が小学1、2年生のころの読解力です。このころは、読む力と解く力が同じような場所にあります。
 それは、まだ読む力も解く力も初歩的な水準にあるからです。

 このころの読解力は、読解のテストなどをしても正しくは把握できません。
 小1、小2のころの読解力は、初めて見る文章をどれぐらいすらすら読めるかで把握できます。
 つっかえながら読む状態のうちは、読書を楽しむということはまだできません。本を読んでいるように見えても、ほとんど眺めているのに近い状態です。

 すらすら読めない子に読む力をつけるためには、第一に読み聞かせをして耳からの読書の時間を取ることです。
 そして、第二に短い時間でいいので毎日音読の練習をすることです。

 音読の練習を続けさせるコツは、どんな拙い読み方をしても、いつも褒め続けることだけです。

●小学3、4年生の読解力

 小学3、4年生になると、読む力も解く力も少しずつ進歩してきます。
 読むものが、絵本や短い物語から、次第に長い物語や説明文の本に移行する時期です。
 また、問題の解き方も、解くコツを知っているかどうかがわずかに影響しますが、それはまだ大きなものではありません。
 この時期に大事なことは、読書の質を上げていくことと、読書の量を確保することです。
 読書の質を無理に上げようとすると、読書の量が低下します。
 小学3、4年生の読書で中心になるのは、まだ読書の量の方ですから、たくさん読むことを基本にしつつ、説明文の本を楽しく読めるような力をつけていくのです。

 そのときに、説明文の本を読む助けになるのが、その子の興味や関心です。
 その子の興味や関心に合う本を、月に数回、図書館などで探すのがお母さんやお父さんの仕事になります。

●小学5、6年生の読解力

 小学5、6年生になると、国語の問題が受験にも対応したものになってきます。
 これが、「2B」の段階です。
 読む力は「1」から「2」へと進歩していきますが、それだけでは問題を解くことができない場面が出てきます。

 問題を解く力は、「A」から「B」に進みますが、これは本を読んでいて自然に進むわけではありません。解き方を身につけて、理詰めに解く力をつけなければ、「A」から「B」に進むことはできません。
 それは、小学5、6年生の受験期は、読解力の重点が、読む力よりも解く力に移る時期だからなのです。

 「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」が、読解の章で説明しているのが、この小学5、6年生が解く力をつけるための方法です。
 解く力をつけることで、急に成績が上がるようになります。
 逆に、この解く力をつけないと、国語の問題集だけをいくら解いても、成績はなかなか上がらなくなるのです。

●中学生の読解力

 中学生の読解力は、小学5、6年生の読解力の延長にあります。
 だから、勉強の基本は、理詰めに解く力をつけながら、その一方で読書の質を上げていくことにあります。

 中学生になると、読書ということは学校でも家庭でもあまり周囲からうるさく言われなくなります。
 学校の勉強が最優先で、読書はできたらすればいいというような感覚になりがちなのです。

 しかし、この時期に読書の質を上げていくことが、その後の読解力に影響してきます。
 読書の質を上げる方法のひとつが、問題集読書です。これは、問題集の問題文を読書がわりに読む勉強法です。

 読む力のある生徒は、問題集の問題文を内容を楽しみながら読むことができます。問題集には、良質な物語文と説明文が豊富に掲載されているからです。

 ただし、問題集の文章は、通常の読書と違ってあまりにも短いので、読むことに没頭することができません。
 だから、中学生の時期は、通常の読書で読む楽しさを味わいながら、その一方で問題集読書で読む質を高める手助けをしていくといいのです。

●高校生の読解力

 高校生の読解力では、読む力と解く力は更に分離してきます。読む力は「C」に進み、解く力も「3」に進みます。
 このころになると、解く力がいくらあっても、読む力がないと解けない問題が出てきます。
 大学入試センター試験などの読解問題では、読む力がないと、解く力だけでは満点を取ることはできなくなります。
 読みやすい文章や普通の文章では、解く力を使って正しい答えを選べる生徒が、難しい文章になると理詰めに読み取ることができなくなるのです。

 そのときに必要な読む力は、中学高校生時代の長い蓄積でできたものですから、短期間に読む力を上げることはできません。
 だから、解く力とともに、難しい文章を読む力を、問題集読書や自分なりの高度な読書生活によってつけていく必要があるのです。

●大学生の読解力

 大学入試センター試験で、ほぼ満点近い成績が取れるようになったから、読解力が完成したのかというとそうではありません。
 その先に、読む力を更に伸ばす「4」の段階があります。これが、難解な専門書や哲学書を読む段階です。

 この時期には、もう読解力を評価するテストのようなものはないので、解く力はあってもなくてもかまいません。だから、解く力は「A」でもいいのです。
 ただし、口頭試問などで話をすれば、どのくらい読む力があるかということはわかります。

 この難しい文章を読む力が「4」に伸びる時期は、高校3年生から、大学2、3年生にかけてです。
 高校生のころは受験勉強に追われ、大学生になるとやがてすぐにが就職活動に追われるようになるので、大学生の最初の1、2年間は読む力をつける貴重な時期です。

 しかし、日本の大学では、高度な専門書や哲学書を読破するという勉強をほとんどしません。

 もちろん、大学生時代は遊びも含めて多様な経験にチャレンジする時期ですから、読書だけが大切なのではありません。
 しかし、最も読む力が伸びる時期に、難しい本を読む機会がないというのは、その後の知的生活の土台が作れないということです。
 だから、多くの人が、高校3年生の学力がピークで、その後はなだらかに低下するようになっていくのです。

 大学での勉強を充実させることが、これからの教育改革の一つの要になってきます。

 そのためには、小学生のころから読書を中心とした読む力をつける勉強をし、受験期に入ったら集中的に解く力をつける勉強に切り換え、受験が終わったらまた高度な読書生活を再開するという形で読む力と解く力をバランスよくつけていくといいのです。


言葉の森の受講案内  無料体験学習受付中

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190210  
 解く力をつけると、国語の成績は急に上がります。
 しかし、解く力をつけただけでは解けない問題がやがて出てきます。
 それが読む力を必要とする時期です。
 読書は、国語の成績には関係しないとよく言われますが、高度な読解問題になると、読書力が大きく影響してくるのです。


nane 20190210  
 学校での勉強の間は、読書力は普通でも、解く力をつけていけば国語の成績は上がります。
 しかし、大学生や社会人になると、国語力の中心は解く力ではなく、読書力になります。
 だから、高校3年生の受験勉強が終わったら、まず高度な読書に力を入れていくことです。
 そのためにも、小学校時代から読書を楽しむ習慣をつけていくといいのです。


森川林 20190211  
 昔、保護者懇談会で、「塾の先生から、『読書をしても国語の成績は上がらない』と言われたのですが、どうしたらいいですか」という質問があありました。
 別に、国語の成績を上げるために読書をするのではないのですが(笑)、読書力と読解力の関係について、平面的に考えている人が多いようなので、読む力と解く力の関係についての記事を書きました。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 読書(95) メディア(8) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント4~6件
……前のコメント
親子の対話でい 森川林
 ものごとは始めが肝心です。  子供の 2/16
春休み横浜の港 nane
 春のサマーキャンプと思わず言いそうにな 2/16
春休み横浜の港 森川林
 港南台教室で春休みに読書作文キャンプを 2/16
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■不合格なんて気にしない――その学校に人を見る目がなかっただけ 2月18日
■創造力と発表力を育てる新しい学習/オンライン発表学習クラス 2月17日
■新しい作文の勉強法――寺子屋オンライン作文 無料体験学習受付中! 2月17日
■親子の対話でいい子に育つ――小学1年生から始める親子作文のおすすめ 2月16日
■春休み横浜の港南台教室で読書作文キャンプ 2月16日
■国語力がつく「読解検定」3月から 2月15日
■考える力を深める新小5、新小6年の勉強 2月14日
■【合格速報】早稲田大学本庄高等学院 2月13日
■新中学生の勉強の仕方 2月13日
■【合格速報】横浜国大附属鎌倉中学校 2月12日
■【合格速報】東京都立桜修館中等教育学校 2月12日
■言葉の森の「読解・作文力」の本が、書店に並べられています 2月12日
■言葉の森の「読解・作文力」の本が、リセマムで紹介されました 2月12日
■言葉の森の作文学習が新しくなりました――寺子屋オンライン作文 2月12日
■読解力は、読む力と解く力でできている 2月10日
■授業の動画2.3週をアップロード、発表室の画像アップロードもできます 2月10日
■【合格速報】千代田区立九段中等教育学校 2月9日
■子供でも、生徒役より先生役の方が好き 2月9日
■【amazon速報】「参考書>国語」の分野でベストセラー1位に 2月9日
■amazonの在庫がなくなり1~2か月待ちになっていますので、楽天ブックスやご近所の書店へ(その後「在庫あり」に) 2月8日
■【合格速報】栄光学園中学校 2月8日
■読解力をつける作文・感想文の勉強 2月8日
■勉強は本来面白いもの、それを生かすのが自分から発表する機会 2月7日
■さきほど郵送で、「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」という長いタイトルの本がとどきました 2月6日
■寺子屋オンライン作文クラスの体験学習の流れ【漫画】 2月6日
■【合格速報】東京都立白鴎高等学校附属中学校 2月5日
■【合格速報】滋賀大学教育学部附属中学校 2月5日
■【合格速報】渋谷教育学園渋谷中学校 2月5日
■作文力をつけるには、まず型を整えることから――「読解・作文力が身につく本」の作文の方法 2月5日
■読むだけで成績が上がる新しい読解、記述、作文の本――国語のテストは点数ではなく解いた跡を見る 2月5日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare