記事 3790番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/23
算数は考えない勉強――図形問題を解く力をどうつけるか
森川林 2019/07/17 08:26 

 自主学習クラスで、算数数学の問題を解いている子に、「難しかったらすぐに答えを見るんだよ。算数数学は、考えない勉強だからね」と言うと、子供も保護者も、「そんなので、いいのですか」と聞きます。
 そんなのでいいのです(笑)。
(以下、算数数学を略して算数)

 受験までの算数は、答えのある勉強です。
 学問としての算数は、答えがあるかどうか分からない勉強です。
 だから、学問としての算数は、いくら考えてもいいのです。
 長い時間考えることによって、答えが分かる瞬間が来るときがあるからです。
 趣味として算数の勉強をする場合も同様です。

 しかし、受験の算数は、答えを出すことが目的の勉強です。
 そして、受験の算数では、すべて誰かの作った答えがあることが前提になって問題が出されています。
 どんなに難しい問題でも、答えがあることがわかっているならば、すぐにその答えを見ればいいのです。

 算数の問題で、誰でもできるのは代数系の問題です。
 だから、難関校では受験生に差をつけるために、代数の問題よりも図形の問題を中心に試験問題が出されています。
 図形問題は、できるとできないの差がはっきりしているので、点数の差をつけやすいからです。

 この図形問題を解く力をどうつけるかというと、それをパズルの一種と考えるのです。
 しかし、楽しみながらやるパズルではなく、答えを早く見つけることが目的のパズルです。
 だから、問題は見たらすぐに答えを見るのが最も能率のよい勉強の仕方です。
 このやり方で、図形を中心にした算数の問題集を1冊、解けない問題が1問もなくなるまでやるのです。
 すると、新しい図形の問題を見ても、解き方のパターンがわかるようになります。

 この図形問題の勉強の仕方は、公立中高一貫校の問題の勉強の仕方にも共通しています。
 考える問題と言われるものであっても、特定の答えが想定されているのですから、問題を見たらすぐに答えを見て、「この問題はこういう答えだ」ということを理解する勉強を中心にしていくのです。

 しかし、たぶんこういう勉強の仕方をしている子はほとんどいないと思います。
 多くの子がやっている勉強法は、できる問題をいつまでも解いてみたり、できない問題をいつまでも考えていたりというやり方です。
 そして、保護者の多くもそれが普通の勉強の仕方だと思っています。

 勉強を趣味としてやるのであれば、それでもいいのです。
 しかし、受験勉強に関して言えば、それは実は正しい勉強法とは正反対の勉強法です。
 なぜなら、できる問題を解くことも、できない問題を考えることも、ただ時間がかかるだけだからです。

 できる問題は、解く必要はありません。
 できない問題は、すぐに答えを見て、問題と答えの組み合わせを理解するという勉強法が正しい勉強法です。
 味気ない感じがすると思いますが、受験勉強自体が味気ないものですから、できるだけ短時間で効果の上がる勉強の仕方をしていくといいのです。

 この勉強法で夏休みの一か月間、算数の勉強に取り組めば、その後の成績は驚くほど向上します。
 ところが、たぶん学習塾では、こういう勉強の仕方をしません。
 できる問題を解かせたり、できない問題を考えさせたりする勉強がほとんどだと思います。
 それは、その方が教えやすいことと、生徒もそれで勉強した気になりやすいからです。
 そして、多少は、時間をかけて勉強しただけの効果はあるからです。
 しかし、本当は、家庭の自学自習で、できない問題の答えを見て理解する勉強を中心にしていくといいのです

 算数の勉強の仕方について語る人の多くは、算数を教える専門家です。
 だから、自然に時間のかかる勉強の仕方を説明します。
 それは、他の教科、国語の場合も英語の場合も同様です。
 そういう専門家の意見に従うと、勉強はどんどん時間のかかるものになっていきます。
 勉強の本質を理解すれば、もっと能率のよい勉強の仕方ができます。

 算数は、1冊の問題集をできない問題が1問もなくなるまで繰り返し解くことです。
 この場合は、解くというのは解き方を読んで理解することです。

 英語は、英語の教科書を音読暗唱することです。
 そして暗唱ができたら暗書することです。(暗書は見ないで書くという意味の造語)

 国語は、問題集読書をすることと、読解検定で百点を取ることです。
 ただし、問題集読書と読解検定は、受験期の勉強法ですから、受験期に入る前の基本の勉強法は、読書と暗唱と親子の対話です。

 受験勉強全般に関して言えば、まず志望校の過去問を答えを書き込みながらやってみることです。
 そして、その過去問を基準にした勉強を進めていくことです。

 勉強法の本質は、どれもシンプルなのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

コメント欄

森川林 2019年7月17日 8時38分  
 勉強には、答えのあるものと答えのないものとがあります。
 答えのある勉強は、すぐに答えを見ることです(笑)。
 答えのない勉強は、ただ時間をかけて考えることです。
 時間をかけると、なぜか答えが出てくることがあるからです。
 しかし、受験勉強を答えのない勉強のようなやり方でやるべきではないのです。


nane 2019年7月17日 8時39分  
 ときどき、「読書感想文の書き方」とか、「図形問題の解き方」とか、タイトルにひかれて読む記事がありますが、ほとんどの場合、隔靴掻痒(かっかそうよう)という感じになることが多いです。
 専門家の説明は、なぜか複雑なわりにわかりにくいのです(笑)。


コメントフォーム
算数は考えない勉強――図形問題を解く力をどうつけるか 森川林 20190717 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
つてとな (スパム投稿を防ぐために五十音表の「つてとな」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
作文を上達させ nane
 読書力と作文力の間には、高い相関があり 1/21
作文を上達させ 森川林
 作文を上達させる方法と、うまく書かせる 1/21
プログラミング nane
 言葉の森の通学教室の卒業生の結構多くの 1/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■オンライン作文クラスはなぜ上達が早いか――発表で育つ学力の個性 1月22日
■2.1週の授業の動画 1月21日
■【合格速報】聖母学院中学校 1月21日
■作文を上達させるコツ 1月21日
■1月の読解検定の問題と解答用紙を本日発送しました 1月17日
■1.3週の授業の動画 1月15日
■プログラミング教育の目標は、ウェブ作成とデータベース 1月15日
■【合格速報】聖心女子学院初等科 1月14日
■日本一のオンラインスクールを目指して 1月13日
■低価格で高機能のノートパソコン 1月13日
■1.2週の授業の動画――こまりものの大型ネズミ、ヌートリアって 1月10日
■【合格速報】清泉女学院中学校 1月8日
■未来の社会と仕事を考えた未来の教育 1月8日
■1.1週の授業の動画をアップロードしました 1月4日
■令和二年 新しい年に向けて 1月1日
■これからの勉強はどういうものになるか――教育改革のもっと先の話 12月31日
■小さな一歩が大事 12月28日
■復旧しました(【至急】現在mori7.netが接続できない状態です) 12月27日
■【合格速報】中央大学附属中学校  12月24日
■国語ドリルでは国語力はつかない 12月23日
■【合格速報】東京女子大学 12月23日
■【合格速報】広尾学園高校インターナショナルコース編入 12月23日
■【合格速報】相模女子大学学芸学部子ども教育学科 12月23日
■勉強の面白さを知る理科実験と観察と工作 12月20日
■公立中高一貫校受験の小6生が、冬休みから使える仕上げ教材 12月19日
■これからの大学の国語入試の方向 12月18日
■全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方2 12月17日
■自主学習クラス12月保護者懇談会資料 12月16日
■オンラインクラスの12.4週の発表会について 12月16日
■個別の電話指導がある通信の作文 12月16日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。